犬との幸せな日々~die glueckliches Jahre mit Hund~

クルークの新しい世界


先週アップした記事にも書きましたが

クーちゃんは予定通り、不妊手術をしてきました。

病院に連れて行く以前に、

クーを外に出したことがありませんでしたから

本当に大変でした・・・。

でも、なんとか頑張って車に乗って病院まで連れていきました。

一度もしたことがなかったのですが、

結局、クーを抱っこすることが出来(涙)

無事に連れていけたのです。




それはそれは嬉しかった・・・。

クーはちゃんと私のことは信頼してくれていたんです。

抱っこしても力が入ることもなく、

震えることもなく、

私にしっかり身をゆだねていました。

DSC_0065.jpg

不妊手術翌日に迎えに行った時、

私は正直、また最初に戻ってしまうのではないか・・・

そう思う気持ちと

いや、クーはもう元になんて戻らない

前に進んでくれるだけだ・・・

そう思う気持ちの半々でした。

DSC_0064.jpg

「クルークちゃんお迎えの佐藤さん」

そう呼ばれて診察室に入る時、とても緊張しました。

でも、そんな緊張は必要なかった。

情けないお顔をして私を見つめるクーの姿がありました。

少し涙目になっているクー。

DSC_0067.jpg

思わず駆け寄りました。

「クー、頑張ったね、頑張ったね」

そう言いながらクーの涙を拭きながら抱きしめました。

クーも嫌がることなく、私を受け入れてくれました。

やっぱりクーは進歩していた!

クーの成長が本当に本当に嬉しかったです。

DSC_0063.jpg

手術の際にマイクロチップの装着、

長く伸びきっていた爪切り、

その他いろいろと検査もしてもらいました。

やはりクーの肺動脈にはフィラリアの成虫がそこそこいるようで

若干の心臓肥大と肺動脈付近が白くレントゲンに写っていて

明らかにフィラリアによる影響が出ていました。

DSC_0068.jpg

現在推定3~4歳のクーは

恐らく生まれてから一度もフィラリアの予防なんて

してもらったことがないのでしょう。

既に3年もしくは4年、フィラリアが寄生しているのですから

状態がよくないのは当然かもしれません。

早速ボルバキア治療を開始することにしました。

DSC_0066.jpg




いつもなら診察が終わったら一旦待合室で待って

その後精算して帰るのですが、

友人の院長が気を利かせてくれて

お薬の準備と精算を先にさせてくれて

すぐにクーを車にそのまま乗せられるようにと

対応してくれました。

J院長、本当にいつもありがとう!!

DSC_0069.jpg

抱っこしてそのまま車に乗せ、帰宅の途につきました。

最初は少し興奮していたのですが、

コンビニの駐車場で一休みして落ち着かせました。

DSC_0070.jpg

緊張していたのもあるかもしれませんが、

とってもかわいいクーの笑顔を見せてくれましたよ。

嬉しかったなぁ・・・。

クー、本当によく頑張ったね。

DSC_0071.jpg






帰宅した日は、すごい近くまで寄っていかないと

聞こえないくらいの小さな声でフンフン鳴いていました。

きっと痛かったんだろうと思います。

それから3日間くらいは、先日アップした動画のような動きもなく

ひたすらベッドで寝ていましたが、

4日目くらいから少しずつ、またグリュを誘うようになりました。






仮母は、引っ張られることに物凄く抵抗するクーに

少しでも安全にクーとお散歩練習がしたくて

清水の舞台から飛び降りる気持ちで(大げさ??)

ついにスイスイ(ちばわんメンバーならわかりますよね 笑)を

購入しました!

DSCF4099.jpg

じゃじゃ~~~ん!!

スイスイ(モンベルのウェブマスターハーネス)をつけるにも

こんながっちりしたハーネスをつけられたことのないクーは

ちょっと警戒して、小さく一度「ウ~~」と言いましたが

No!!の一言ですぐにやめました。

焦らずゆっくりと時間をかけて装着させ、

ベルトも調整しました。

DSCF4097.jpg

お散歩に連れ出すのに部屋の中でも暴れ回り、

予想通りビビリうんを撒き散らし、

バタバタ暴れまわるクーをなだめながら

家の前の広場に連れていきました。

当然、クーをコントロールしていますので写真はありませんが

とにかく「リードに引かれる」ことに強烈に抵抗します。

散々暴れさせてからやっても、

やはり前足を上手に使ってリードを押さえつけ、

首輪とハーネスそれぞれにつけているワイヤーリードを齧り、

歯から血が出てくるほど・・・。

そこまで抵抗しなくてもいいのに(涙)。

本当に怖いのでしょうね。

引っ張られる=捕獲されたときの記憶が蘇るのだと思います。

怖いことじゃないんだよ、

仮母と一緒に楽しくお散歩しようよ、

お外は楽しいことがいっぱいあるんだよ、

途中休憩しながらずっとそう伝えながらやってみました。

DSCF4098.jpg

まだお散歩の練習を始めてから今日で2日目です。

でも、昨日よりワイヤーリードを齧る回数も減り、

暴れる回数もちょっと減って

ビビリうんは出ませんでした。

本当に少しずつ。ゆっくり時間をかけて

クーにはリードに馴れてもらおうと思っています。

継続は力なり。

毎日少しずつ練習を重ねていきたいと思います。

仮宅の目の前は広い広場(公園の中です)になっているので

引きずったりしながらの練習なので

土の上で練習できることが本当にラッキーだと思っています。

もう少し歩けるようになったら、

グリュやエルたんと一緒にお散歩できるかな。




クーの新しい世界が開けてきつつあります。

たくさんいろいろな経験をさせてあげたいと思います。

募集開始はもうしばらくお待ちください。

絶対とびきりの幸せを掴もうね!!

仮母も一緒に頑張るよっ!!!


スポンサーサイト

頑張るクルーク


前回ブログにクーちゃんを紹介してから

もうあっという間に1ヶ月が過ぎてしまいました。

クーは元気です。

DSCF3353.jpg





この1ヶ月は、ケージの外に引っ張りだして

ケージのドアを閉めて、強制的に外にいる時間を増やしたり。

最初の頃はケージのドアを閉めると

ベッドのところで丸まってやり過ごしているようでしたが、

今ではケージのドアを開けっ放しにしておいても

自分から外に出てきて(とはいってもベッドにいるだけ 笑)

外にいる時間が長くなってきました。

DSCF3346.jpg






こんなふうにケージの中で考え込んでいる姿ばかりでしたが、

DSCF3247.jpg



特に3月に入ったくらいから、大分様子が変わってきました。

DSCF3347.jpg


私の手からおやつを食べる回数も増えてきました。

近づいても震えることはほとんどなくなってきました。

外に敷いてあるペットシーツで100%の確率で

おしっこやうんちが出来ています。

DSC_0059 (2)




シーツは私が座っているところにあるのですが

それは最初の頃、私がいない間にそこにしたことがきっかけで

どうやら私のいるところに匂いをつけたかったようで

それからはそこにシートを敷いておくと

そこまで歩いていって上手におしっこやうんちを

してくれるようになったのです。

部屋の中も少しずつ動くようになってきました。



ちょっと動いているクーを見てください!





細くて長いしっぽをフリフリしながら歩く姿は

たまらなくかわいい!!



それより何より、一番の大きな変化は

グリュと遊ぶようになってきたことです!!

まだ遊び始めた頃の動画なので

それほど激しくありませんが

日に日にクーの誘い方は激しくなってきています(笑)

(動画ではグリュのウーウーいう声がうるさくてごめんなさい(汗))







こうして見ると本当にグリュとクーはそっくり!

こうやって二人で遊ぶ姿が見れるようになるなんて

本当に夢のようです。

目一杯しっぽを振ってお姉ちゃんにアピールするクー。

もうかわいくてかわいくてたまりません。

DSCF3356.jpg



グリュ姉ちゃんのおかげで

大分心を開きつつあるクーちゃんです。

仮母は何もしてあげられていないけれど

とにかくクーには優しく接することだけを心がけてきました。

しばらくは全く興味を示さなかったグリュですが

大分馴れてきたことを察したのか、いつからかクーを誘うようになり

クーも最初はキョトンとしていたものの

自分から積極的にグリュに誘うようになってきたのです。

犬同士だから変な遠慮とかがなくて

クーもグリュの優しさに気がついてくれたんだと思います。

ありがとう。グリュ。

さすがお姉ちゃんだね。

DSC_0062.jpg





そんなこんなで3ヶ月目に突入しているクーちゃんです。

今週には不妊手術も予定しています。

また最初に戻ってしまうかもしれないけれど

きっとグリュがいてくれるから

なんとか持ち直してくれることを願っています。

頑張れ、クーちゃん!

DSCF3354.jpg



エルたんに春がやってきた!

いきなりですが・・・。

エルたん、いぬ親様が決定致しました!

とても素敵な、お若い穏やかなご夫婦です。

DSCF3245.jpg




先月の船橋いぬ親会に、エルたんではなく

HPで見つけた違う子を見に、遠くからお越しになられていました。

現在お住まいのアパートでは10Kg以下の子でないと飼育不可で、

条件に合った子を探していらっしゃいました。

希望していた子はとても活発で、

穏やかなご夫婦には合わないのではないかと

ご自身たちで考えて他の子も見ていらっしゃったようです。

そこでエルたんに目が留まったようでした。

DSCF3242.jpg




しかしながら、現在のお住まいではエルたんは迎えられない。

そう思い、アパートの管理会社に再度確認してみます、

とおっしゃって、お名前も仮母に伝えて帰られました。

その誠実な対応がとても嬉しかったです。

DSCF3243.jpg






翌週の篠崎にもそのご夫婦はお越しになって

管理会社に確認してみたけれど、やはりNGだといわれてしまった・・・

と、わざわざ報告しに来てくださいました。

そして、エルたんをご夫婦で何度も何度も撫でながら

やっぱりエルちゃんがかわいい

エルちゃんがいい

そうおっしゃってくださいました。

そして、ちょうど4月からご主人が転職されること、

それを機会に今のアパートから中型犬、

そう、エルたんが飼えるアパートに引越しを考えているんです

ということを伺いました。

そこまでエルたんのことを気に入ってくださったんだ、と

仮母は感激しきりでした。

せっかくまたお越しくださったので、

エルたんとお散歩してみましょう!とお誘いしたら

とても嬉しそうに同意してくださってご主人とも奥さんとも

それぞれエルたんとのお散歩を楽しんでもらいました。

DSCF1358.jpg
(これは仮宅でのお散歩の様子です)






すぐにでもエルちゃんにアンケートを出したいけれど

まだ引越も決定したわけでもないし、

エルたんを飼うことが出来るアパートが見つかったわけでもないので

その間にもしかしたらエルたんにご縁があるかもしれない。

でも、どうしてもエルたんと暮らしたいので

エルたんを飼うことが出来るアパートが見つかって

引越が決まった時にまだエルたんにご縁がなかったら

是非エルたんにアンケートを出したいです。

そうおっしゃって、ご夫婦は帰っていかれました。

DSC_0049 (2)






その誠実なお気持ちをありがたく思っていましたところ、

その1週間ほど経ってから、Webよりエルたんにアンケートを頂戴しました。

エルたんを迎えられるアパートが見つかり、

引越が決まりましたので、まだエルちゃんにご縁がなければ

エルたんを是非我が家に迎えたいです。

そんな素敵なアンケートでした。

DSC_0052 (2)





すぐに連絡を取り、お宅で最終お見合いをすることにしました。

エルたんは知らないところに行くといつも以上に落ち着きがなくなり

お宅にあがる時にも少し抵抗していましたが、

お部屋にあがらせてもらうと

狭いところが好きなエルたんのために用意してくださった机には隠れず

恐る恐るですが部屋を見て周り

仮母のすぐ横に隠れるように伏せていました。

DSCF3351.jpg






それでもご夫婦は

おいしい無添加のおやつ(ご主人が奮発してくださった模様)や

奥さんがささみを茹でてくれたものをエルたんに与えてくれて

おいしそうに食べていました。

私の横にぴったりとくっついてはいましたが、

しきりにご主人と奥さんをかわるがわる何度も何度も

エルたんは見ていました。

いぬ親会でも2回会っていましたので、顔や匂いを覚えていたのでしょう。

そして、エルたんもきっと何かを感じ取ったのだと思います。

DSCF3350.jpg






まだまだお若いご夫婦ですから、

これから環境の変化もあると思います。

それでも、しっかりと最期までエルたんを守ってくださる、と

おっしゃってくださいました。

エルたんの穏やかなエネルギーと、

このご夫婦の穏やかなエネルギーがぴったり合う!!

ずっとそう思っていた仮母は、再度よく話をさせてもらい、

いぬ親様決定とさせて頂きました。

こんなにこんなに望まれて

お嫁に行けるエルたんは幸せ者です。

仮母のアピール不足で、長く仮宅での生活をさせてしまいましたが

とびっきりの幸せを掴むことが出来ました!

DSCF3349.jpg






お引越の予定は今月末ですので、

引越後少し落ち着いた4月中旬くらいにお届け予定です。

あと1ヶ月くらいはエルたんを大事にお預かりします。




H様。

臆病だけれど、とても穏やかな優しいエルたんを

それでもお散歩だけは大好きなかわいいエルたんを

どうぞよろしくお願い致します!!

DSCF3076.jpg




エルたんをたくさん応援してくださった皆様。

ようやく本物の妖精(=エルフェ)になって

お嫁に旅立てる日がやってきます。

本当にありがとうございました!


1月臨時いぬ親会&2月船橋いぬ親会

せっかくブログが追いついたのもつかの間・・・。

またまたサボってしまいまして・・・。

本当にダメダメな仮母でございます(涙)

これじゃエルたんにもなかなかご縁もやってこないわけだ(汗)









まずは先月末に篠崎臨時いぬ親会から。

運営のお手伝いから参加させてもらいまして、

仮父は仕事で不参加だったので、エルたんにも一緒に

お手伝いの間、待っていてもらいましたよ。

1486104411088 (2)

seiさんが撮ってくださった1枚。

はなこさんち預かりのドラちゃんとのツーショット♪

ちょこんとしてる二人がとってもかわいい!!

seiさん、ありがとうございました!

1486104426637 (2)

こちらははなこさんから。

ドラちゃん、めっちゃかわいい!!

エル子はいい感じにドラちゃんのかわいさ引きたてて

控えめに横たわっててエルたんらしい(笑)





今回はこうしてseiさんやはなこさんの他にも

運営幹事のNさんもたくさん写真を撮ってくださって

本当にありがたい限りです・・・。

Nさん、いつも本当にありがとう!!



この日はとても暖かく、穏やかな一日で

エルたんもすっかりいぬ親会の雰囲気にも馴れて

マイペースに過ごしていました。

1486104346948 (2)


エル子ったらいぬ親会の備品運搬でコンテナに立ち寄った時に、

大きな荷物をドンドン積んでいたら怖くなったらしく

後部座席から運転席に移動してビビリうん炸裂(笑)

しかもそんなところにうんぴしたなんて思ってなかった仮母は

見事にそれをお尻で踏んづけ(爆)

おっかしいな~~?うんぴ臭いぞ??

と思ったときにはもう時既に遅し。

DSC_0049 (2)
なんでそんなことバラすですかo(`ω´ )o

大騒ぎして会場に向かったのでした・・・。

でもそんなこと全く気にしてないエルたんは(当たり前か)

とっても落ち着いてテントの下でご来場者の皆さんを

待っていることが出来ました。

1486104363817 (2)

せっかく新しく作って頂いたプロフィールを印刷してきたのに

エルたんはそのビビリ最中にプロフィールを踏んづけまくり、

クシャクシャにしてくれたので

一生懸命しわ伸ばししていた仮母でございます。

1486104380114 (2)

いぬ親会には本当にたくさんのご来場者の皆さんが

来てくださり、エルたんにもたくさんお声かけて頂きました。

お散歩も体験して頂きましたし、

かわいいかわいい、とたくさん撫でてもらいました。

DSC_0050 (2)

この日、いつも応援してくださっている桃ママさんが

エルたんの応援にも駆けつけてくださり、

エルたんの紹介も素敵なブログでしてくださいました!!!

本当に本当にいつもありがとうございます!!!

エルたんを紹介してくださった桃ママさんのブログはこちら

→→ 「桃太郎日記 里親募集!エルフェちゃん」


残念ながら今回もご縁はありませんでしたが、

エルたんのことを理解してくださる方が増えてきていることを

実感できるいぬ親会でした。

きっとエルたんにぴったりなパパとママが

エルたんを迎えに来てくれる日がやってくるよ。

1486104367667 (2)











そして先週日曜日には船橋いぬ親会にも参加しました。

DSCF3051.jpg

掃除機の音に驚き、うんぴを漏らしていた頃の

エルたんとは違い、掃除機の音にも驚かず落ち着いていられました。

大分いろいろなことも克服できてきたんだな~と

しみじみ感じました。

DSCF3070.jpg

船橋いぬ親会は本当に徐々にご来場者の方々が増え、

毎回大盛況で活気のある犬親会となっています。

DSCF3052.jpg

エルたんにもたくさんの方々が興味を持ってくださいました。

こうして室内開催でじっとしていられるエルたんは

本当に落ち着いていられますし、人の手も怖がらず

たくさん撫でられてうっとりしたりしていました。

DSCF3077.jpg







新しく犬を迎えるということは、

人間の子供が一人増えるのと同じことだと思っています。

手がかかることもありますし、毎日2回のお散歩、

今迄の生活が大きく変わることもあるでしょう。

たとえ病気になっても、歳をとって介護が必要になっても

最期の瞬間までしっかりとその子を守ってあげる覚悟が必要です。

DSCF3053.jpg

犬はどの子も皆とってもかわいいです。

でも、かわいいだけで飼っても、その子を最期まで責任を持って

飼おうというご家族全員の意思がないと

犬を迎えるのは難しいと思います。

当たり前のことだと思うのですが、

それを理解されていない方がいるために

こうして愛護センターから預かっているこの子たちがいます。

本当に本当に残念で仕方ありません。

DSC_0052 (2)

だからこそ、こうして保護犬に興味を持たれ、

保護犬から家族に迎えようと考えてくださることが増えてきたことは

とても嬉しいのです。

犬は私たち人間と同じ心を持った家族の一員なのです。

どうぞ、ご家族皆さんでよく話し合ってみてくださいね。

1486104354773 (2)


また、希望している大きさ(体重)や見た目のかわいさだけでなく、

ご家族の特徴、

例えばアクティブでアウトドアが好きだったり、

元気なお子様がいらっしゃるようなお宅であれば

人馴れして元気な子が向いていると思います。

また、お若いご家族でもゆったりと過ごしたい、

犬とまったりしたい派の方、お留守番が長くなってしまう方、

そんな方には一頭でいられる時間があった方が落ち着ける

ちょっと臆病な子とかはいかがでしょうか?

それぞれのご家族の状況によって、

それぞれのご家族にぴったりな子が見つかると思います。

自分ではどういう子が自分には合っているのか

よくわからない、という方は、是非気になった子の預かりさんに

ご遠慮なく伺ってみてくださいね。

DSCF3083.jpg

エルたんは、この子の穏やかな性格もあって

穏やかで優しいご家族が向いていると思っています。

うちは仮母がガサツなので(笑)

きっとエルたんは落ち着かないんじゃないかな~??

臆病な子ではあるので、お留守番があっても

全然問題ありません。

ドッグランにガンガン連れて行きたい!

いつでもベタベタしていたい!

というご家庭にはちょっと向かないかなぁ・・・。

お子さんのいるご家庭も、子供の予測不能な動きを怖がるので

向かないと思い込んでいたのですが、

船橋に来てくださったご家族のお嬢さん(まだ小学校低学年と伺いました)が

ずっとずっとエルたんを撫で続けてくださっていて

子供が苦手なはずのエルたんがうっとりして

お嬢さんが帰ってしまう時には、今まで見せたことのない

「え・・・?お姉ちゃん行っちゃうの??」

という切ないお顔をしていたのを見逃しませんでした。

子供が苦手=子供がいるご家庭はダメ

ではないんですね。  エルたんに教わりました。

穏やかなエネルギーのお子さんであれば

エルたんも受け入れることが出来るのです。

1486104383424 (2)

とても嬉しい発見でした。


さぁ、エルたん。

明後日の日曜日もまたいぬ親会だよ。

エルたんの性格にあったご家族が

エルたんのことを見つけてくれるといいね。

DSCF3076.jpg
待ってましゅよ~~!!会いに来てね~!

クルーク、また一歩


クルークが我が家に来てから早1ヶ月が経過しました。

毎日クーはケージの中で一日を過ごしています。

DSCF2814.jpg

こちらの動きに反応して、寝ていても起き上がったりして、

まだまだ緊張感は抜けないみたいです。

当然だよね・・・。

ずっとずっと人が何するかわからなくて

怖くて怖くて逃げ回っていたんだから。

すぐに慣れろなんて無理な相談。

DSCF2809.jpg

それでも諦めずに仮母は毎日何度も何度も

クーのケージの中に半身入れて

クーを抱きしめて、何度も何度もチューし続けています。

少し震えながらも仮母の抱擁を受け入れてくれるクーちゃん。

本当に愛おしくてたまりません・・・。

DSCF2811.jpg







1ヶ月間、ずっとそんな日を繰り返していましたが、

一歩またクーを前に進めたくて

先週木曜日の朝、思い立ってクーをケージから出してみよう

と思いました。

きっかけはこっちで作ってあげないと出れないだろう・・・。

クーの勇気を後押ししてあげよう・・・。

思い切って、ずっとつけたままにしていたワイヤーリードを

ゆっくりと引っ張ってみました。

予想通りですが、最初はちょっと抵抗する程度でしたが、

仮母が本気で外に出そうと力を入れたら

案の定ケージの中で大暴れ。

かなり踏ん張りつつ暴れていたので、なかなか外に出せません。

それでもここでやめたら「怖かった」という記憶しか残らない。

そう思って、どれだけ暴れようが最後には思い切って外へ引っ張り出しました。

DSCF3026.jpg

もう心臓はバクバク。

放心状態のクーでしたが、ケージのすぐ外にあるベッドに

ガタガタ震えながら固まっていました。

DSCF3027.jpg

よく頑張った!!!

クーえらいぞ!!

すごいね!外に出れたじゃん!!!

ず~~っとず~~っとそう声をかけながら

顔を何度も何度もたくさん撫でて褒めてあげました。

DSCF3021.jpg

あれだけ大暴れして引っ張りだされたから

威嚇されても、噛みつかれてもしょうがないと

覚悟を持って臨んだ仮母でしたが

クーは震えてはいたけれど、顔をワシワシ撫で回しても

お口は一切出ませんでした!

DSCF3030.jpg

怖いけれどやりきってくれたことに

クーの成長を感じた仮母です。

ケージから出たという、本当に小さなこと。

それでもクーにとっては人に引かれて外に出るっていうのは

恐らく犬生初めての出来事だったと思います。

たったそれだけのことかもしれませんが、

クーは家庭犬が普通に出来ることを何もしたことがないはずなんです。

だから、本当に少しずつ。一つ一つ確実にクリアしていきたい

と仮母は思っています。

DSCF3023.jpg







その後、毎日最低2回以上はこの行為を継続しています。

2日目は出てくるのに暴れはしましたが、

初日の1/3以下の時間で出て来れました。

3日目。

一瞬暴れたけれどダッシュで出てきました。

4日目。

ちょっとリードを引いて「おいで」と声をかけたら

暴れることなく、ダダダダっと足早でしたが自分で出てきました!

DSCF3028.jpg

もちろんドキドキブルブルですが、

クー、日に日に進歩しています。

そして5日目の今日は、リードを引いたらトコトコと

自分の足で外に出てきました。

あ、でもすぐダッシュでケージに戻っちゃいます(笑)

でもいいよ。クーも小さい頭で一生懸命考えて

少しずつ怖くないってこと覚えようとしてるんだもんね。

仮母は焦らないよ。

毎日毎日同じことを積み重ねて

これは全然怖いことなんかじゃないんだって

クー自身が理解してくれるのを待っています。

DSCF3025.jpg







ケージから外に出すようにしてから、

クーに変化が見られています。

毎日何度も何度もケージに半身を入れてクーを抱きしめていましたが

私がケージに入ると顔を背けてブルブル震えていたのが

私が入ると私の方を向いてちょっと匂いを嗅ぐような仕草を

してくれるようになったのです。

DSC_0058 (2)

勝手な仮母の考えではありますが、

少~しだけ、仮母と気持ちが通じ合ってきたのかなぁ~~

な~~~んて・・・。

DSC_0057 (2)

それだけのことでも、本当に本当に嬉しいんです。

本当に本当にクーがかわいくて愛おしくて。

DSC_0059 (2)

まだまだ後退することもあるでしょう。

でも、諦めず、焦らず、クーと仲良くなりたい仮母でした。

DSCF2812.jpg

いつかグリュと一緒に並んでお散歩行くんだもんね。

頑張れ!クー!!


Menu

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR