犬との幸せな日々~die glueckliches Jahre mit Hund~

クルークの新しい世界


先週アップした記事にも書きましたが

クーちゃんは予定通り、不妊手術をしてきました。

病院に連れて行く以前に、

クーを外に出したことがありませんでしたから

本当に大変でした・・・。

でも、なんとか頑張って車に乗って病院まで連れていきました。

一度もしたことがなかったのですが、

結局、クーを抱っこすることが出来(涙)

無事に連れていけたのです。




それはそれは嬉しかった・・・。

クーはちゃんと私のことは信頼してくれていたんです。

抱っこしても力が入ることもなく、

震えることもなく、

私にしっかり身をゆだねていました。

DSC_0065.jpg

不妊手術翌日に迎えに行った時、

私は正直、また最初に戻ってしまうのではないか・・・

そう思う気持ちと

いや、クーはもう元になんて戻らない

前に進んでくれるだけだ・・・

そう思う気持ちの半々でした。

DSC_0064.jpg

「クルークちゃんお迎えの佐藤さん」

そう呼ばれて診察室に入る時、とても緊張しました。

でも、そんな緊張は必要なかった。

情けないお顔をして私を見つめるクーの姿がありました。

少し涙目になっているクー。

DSC_0067.jpg

思わず駆け寄りました。

「クー、頑張ったね、頑張ったね」

そう言いながらクーの涙を拭きながら抱きしめました。

クーも嫌がることなく、私を受け入れてくれました。

やっぱりクーは進歩していた!

クーの成長が本当に本当に嬉しかったです。

DSC_0063.jpg

手術の際にマイクロチップの装着、

長く伸びきっていた爪切り、

その他いろいろと検査もしてもらいました。

やはりクーの肺動脈にはフィラリアの成虫がそこそこいるようで

若干の心臓肥大と肺動脈付近が白くレントゲンに写っていて

明らかにフィラリアによる影響が出ていました。

DSC_0068.jpg

現在推定3~4歳のクーは

恐らく生まれてから一度もフィラリアの予防なんて

してもらったことがないのでしょう。

既に3年もしくは4年、フィラリアが寄生しているのですから

状態がよくないのは当然かもしれません。

早速ボルバキア治療を開始することにしました。

DSC_0066.jpg




いつもなら診察が終わったら一旦待合室で待って

その後精算して帰るのですが、

友人の院長が気を利かせてくれて

お薬の準備と精算を先にさせてくれて

すぐにクーを車にそのまま乗せられるようにと

対応してくれました。

J院長、本当にいつもありがとう!!

DSC_0069.jpg

抱っこしてそのまま車に乗せ、帰宅の途につきました。

最初は少し興奮していたのですが、

コンビニの駐車場で一休みして落ち着かせました。

DSC_0070.jpg

緊張していたのもあるかもしれませんが、

とってもかわいいクーの笑顔を見せてくれましたよ。

嬉しかったなぁ・・・。

クー、本当によく頑張ったね。

DSC_0071.jpg






帰宅した日は、すごい近くまで寄っていかないと

聞こえないくらいの小さな声でフンフン鳴いていました。

きっと痛かったんだろうと思います。

それから3日間くらいは、先日アップした動画のような動きもなく

ひたすらベッドで寝ていましたが、

4日目くらいから少しずつ、またグリュを誘うようになりました。






仮母は、引っ張られることに物凄く抵抗するクーに

少しでも安全にクーとお散歩練習がしたくて

清水の舞台から飛び降りる気持ちで(大げさ??)

ついにスイスイ(ちばわんメンバーならわかりますよね 笑)を

購入しました!

DSCF4099.jpg

じゃじゃ~~~ん!!

スイスイ(モンベルのウェブマスターハーネス)をつけるにも

こんながっちりしたハーネスをつけられたことのないクーは

ちょっと警戒して、小さく一度「ウ~~」と言いましたが

No!!の一言ですぐにやめました。

焦らずゆっくりと時間をかけて装着させ、

ベルトも調整しました。

DSCF4097.jpg

お散歩に連れ出すのに部屋の中でも暴れ回り、

予想通りビビリうんを撒き散らし、

バタバタ暴れまわるクーをなだめながら

家の前の広場に連れていきました。

当然、クーをコントロールしていますので写真はありませんが

とにかく「リードに引かれる」ことに強烈に抵抗します。

散々暴れさせてからやっても、

やはり前足を上手に使ってリードを押さえつけ、

首輪とハーネスそれぞれにつけているワイヤーリードを齧り、

歯から血が出てくるほど・・・。

そこまで抵抗しなくてもいいのに(涙)。

本当に怖いのでしょうね。

引っ張られる=捕獲されたときの記憶が蘇るのだと思います。

怖いことじゃないんだよ、

仮母と一緒に楽しくお散歩しようよ、

お外は楽しいことがいっぱいあるんだよ、

途中休憩しながらずっとそう伝えながらやってみました。

DSCF4098.jpg

まだお散歩の練習を始めてから今日で2日目です。

でも、昨日よりワイヤーリードを齧る回数も減り、

暴れる回数もちょっと減って

ビビリうんは出ませんでした。

本当に少しずつ。ゆっくり時間をかけて

クーにはリードに馴れてもらおうと思っています。

継続は力なり。

毎日少しずつ練習を重ねていきたいと思います。

仮宅の目の前は広い広場(公園の中です)になっているので

引きずったりしながらの練習なので

土の上で練習できることが本当にラッキーだと思っています。

もう少し歩けるようになったら、

グリュやエルたんと一緒にお散歩できるかな。




クーの新しい世界が開けてきつつあります。

たくさんいろいろな経験をさせてあげたいと思います。

募集開始はもうしばらくお待ちください。

絶対とびきりの幸せを掴もうね!!

仮母も一緒に頑張るよっ!!!


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR