犬との幸せな日々~die glueckliches Jahre mit Hund~

エルたんの旅立ち ~新居訪問編~


エルたんが我が家を卒業して、
もう2週間になってしまいます・・・。

なかなか時間が取れなかったというのは言い訳で

我が家で一番長く一緒に過ごしたエルたんのとを想うと

どうこの気持ちを表現していいかわからなくて

ついつい先延ばしにしてしまった・・・というのが真相。

よくよく考えた末に、

お届けの1週間前に一度お引越先へ伺った時のことと、

お届けの時のことと、

それぞれ分けてブログを書こう・・・。そう思いました。







ということで、

まずはお届け1週間前の様子から。




エルたんのいぬ親さんが決まった時にもご紹介したように

エルたんのいぬ親さんは、エルたんを迎えるために

13kgのエルたんが飼えるアパートにお引越してくださいました。

お見合いで伺ったところは、以前住んでいたお宅でしたので

お届け前に新居へ一度お伺いして、

エルたんを馴れさせたいというのと、お散歩コースなどの確認や

車を持っていらっしゃらないご夫婦でしたので

エルたんの準備用品の買出しとかもお手伝いしたかったのです。

DSCF4965.jpg

着いて早々、エルたんは部屋の中を遠慮気味に歩いて

こたつのところで落ち着きました。

DSCF4966.jpg

ここがエルたんのおうちになるんだよ。

優しい優しいパパとママの子になるんだよ。

優しくエルたんをなでてくださるパパさんとママさん。

DSCF4970.jpg

いぬ親会に来てくださった時にも感じていましたが、

本当にお二人のエルたんを撫でる手が

暖かくて、優しくて

エルたんはこういう優しい優しい手を待っていたんだと

本当に本当にそう思ったのです。

DSCF4963.jpg

エルたんは緊張しているものの、

ママが動けば目で追い、

パパが動けば目で追っていて

一生懸命現状を受け入れようとしていたように感じました。

DSCF4973.jpg

DSCF4972.jpg

仮父仮母とパパさんママさんがいろいろとお話をしていると

少し落ち着いたのか、エルたんもすっかりリラックス。

DSCF4976.jpg

じゃぁ早速お買い物に行こう!

ということになり、車で一緒にお出かけしました。

最初、エルたんも連れていこうかと思ったのですが

お留守番させてみようか、ということになり、

エルたんは一人でお留守番することになりました。

DSCF4975.jpg
いいよ~。エルたんまったりしてるから~!






近所にペットショップとかホームセンターとかがなかったので

少し車を走らせ、とてもハイセンスな街(←表現が古臭い 笑)の

ペットショップで、エルたんのカッパやおやつ、お散歩用の水入れなど

いろいろたくさん揃っているお店でしたので

見ているだけで楽しくなるようなお店でした。

ここでは生体販売はしていないようでしたね。

もう本当に生体販売なんてしないでもらいたい・・・。

簡単に買って簡単に捨てるようなサイクルを

本当に断絶したいと、仮母は強く願っています。




そして家に戻ってみると

予想通り出かける前と全く同じ場所で

恐らくそのまま寝ていたと思われるエルたんが待っていました。

DSCF4966.jpg

大丈夫。やっぱりエルたんはお留守番はどこでも問題ないね。

DSCF4967.jpg

エルたんを迎えるために立派なソフトサークルを用意してくれていたり、

もちろん玄関ゲートもしっかり取り付けられ、

エルたん用のお水入れや食器など

見るだけでどれもお二人の楽しみにしてくださっているのが

ひしひしと伝わってきました。

DSCF4968.jpg




そして夕方になってきたので、そろそろお散歩行ってみましょうか、

とお二人を誘って、エルたん本当のおうちからの初めての散歩に

出かけることにしました。

DSCF4980.jpg

今日はまずはママさんと一緒に歩きます。

しっかりウエストポーチにお散歩グッズを入れて

更にこちらでお持ちしたウエストベルトもつけて

いよいよエルたんとお散歩です。

DSCF4981.jpg

お散歩コースは事前に簡単には聞いていましたが、

本当にすぐ近くに大きなS公園があり、

そこは野球場や広場、プールや砂場などがあり

お散歩するにはとても良いところでした。

DSCF4982.jpg

人もお散歩中の犬たちもたくさんいましたが、

それほど緊張することもなく、

お散歩が大好きなエルたんはスタスタと歩いていました。

ママさんも「本当に引きもなくて楽ですね~」とおっしゃっていましたよ。

DSCF4984.jpg

一日中家の中でじっとしているエルたんの

唯一の楽しみはお散歩。

これだけビビリっ子なのに、お散歩だけは

本当に上手にたくさんたくさん歩くのです。

たまにこちらを向いて「ママ、楽しいね!」という笑顔が

本当にかわいいエルたん。

あと1週間したら、この笑顔ももう見れなくなっちゃうんだ・・・

なんてことを考えながらお散歩から戻ってきました。

DSCF4977.jpg

最初はこんなお顔で緊張している様子でしたが

お留守番で一人になって更に落ち着けたようでした。

お散歩から戻ってきたので、そろそろお暇しようと思ったのですが

外でパパさんとママさんが一生懸命エルたんに話しかけていて

ずっとずっとエルたんを撫でてくれていて

本当はこの後、私の昔からの親友のお宅(ここから車で5分くらい)へ

エルたんも連れて遊びに行くつもりだったのですが、

そのお二人の姿を見ていたら、

来週からは家族になって一緒に暮らすのだけれど

今のこのエルたんと一緒にいる時間をもう少し過ごさせてあげたい

そう思いまして、急遽、友人と一緒に夕飯を食べて帰る時間まで

エルたんを預かってもらうことにしました。

DSCF4979.jpg

プチトライアルです。

お二人も快諾してくださったので、

約3時間ほどエルたんをお願いしました。

その間、エルたんは大丈夫かとメールをしたら

私が友人宅へ行くので部屋を出ると

リビングのドアにエルたんが駆け寄り、なんとビビリウンまで

してしまったとのこと。

エルたんが私たちを頼りにしていると実感したことは

一度もなかったので、とても驚きました。

これはやっぱりお届けの後のお別れはお散歩中にしないと

いけないな・・・。

それでもエルたんは夕飯はしっかり食べたようでした。

仮父仮母以外の人のみで一緒にいるのは初めてでしたし、

これが今後のエルたんの生活になるのですから

エルたんも事前にいい経験が出来たと思います。





そしてエルたんを迎えに行って、

車に乗せたエルたんは、いつもの通りお座りしたまま外を眺め

仮宿に帰ってきました。

いつも車に乗ると後部座席で窓際に座り

嬉しそうに外を眺めているエルたんがいるのが当たり前になっていて

来週からは車に乗って後ろを振り返っても

ニコニコしながら外を眺めているエルたんはいないんだ・・・

9ヶ月一緒にいたエルたんがいなくなるということに

全く実感がわかなかった仮母でしたが、

今日の帰りの車の中でのエルたんの姿を見て

それだけでグッと胸にこみあげてくるものがありました・・。

おいおい、今からそんなでどうすんだ。

エルたんは幸せになるんだから

泣いてる場合じゃないぞ、そう自分に言い聞かせて

その日は寝ることにしました。

DSCF4974.jpg
ママ、まだ早いでしゅ(笑)


エルたんに怒られちゃいました(笑)





お届け編に続く~~!


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR