犬との幸せな日々~die glueckliches Jahre mit Hund~

クルークのご縁


1ヶ月以上ブログ放置のダメダメ仮母です。

この1ヶ月、クーにご縁が繋がったというのに

いろいろありまして、なかなかご報告できずにおりました。




クルークは、先月の臨時いぬ親会後にWebよりアンケートを頂戴し

翌週の船橋いぬ親会にもご家族でお越しくださり、

その後、ご自宅にもお邪魔してお見合いをしました。

DSCF8171.jpg

小学生のお嬢さんが二人とご両親、二世帯でお父様とお母様も

一緒に住んでいらっしゃるお宅です。

正直、クーには先住犬がいるお宅で、大人だけのご家庭が

合っているんじゃないか、そういうお宅に託したいな、と

ずっと仮母はそう思っていました。

DSCF8169.jpg

ところがご希望を頂いたご家族は

私が思い描いていたご家庭とは真逆のご家族。

犬を飼うのも初心者のご家庭。

そういうお宅にクーをお任せできるのか?

すごく悩みました。

でも、その仮母の気持ちを上回るくらいの強いお気持ちで

クーを迎えたい、クーをこれから全員で守っていきたい、

ということが、メールでも実際にお会いしてお話をしても

伝わってきたのです。

小学生のお嬢さん二人は、もっともっと人馴れしている子の方が

いいんじゃないか?と思って聞いてみましたが、

あまりしつこくついて回る子よりも

クーちゃんのようにおとなしく一緒にいてくれる子がいい

そう言ってくれました。

DSCF8174.jpg

上のお姉ちゃんのAちゃんは、将来獣医師になりたい

そんな夢を小学1年生の頃から描き続けている

とってもしっかりしたお姉ちゃん。

獣医さんになるために頑張って勉強しなきゃいけないって

「クーならお姉ちゃんの勉強の邪魔はしないと思うよ」

と言ったら、ニコッと笑顔を見せてくれました。

クーは子供の急な動きが苦手(全般的に人はそれほど得意じゃない)で

小学生のお子さんがいるお宅で大丈夫だろうか?

そんなふうに思っていた自分がいました。

でもお嬢さんたちは二人とも穏やかなお子さんで

子供が苦手とはいっても、こんな穏やかなお子さんたちなら

きっとクーも怖がることもなく、仲良くなれるんじゃないか?

そう思いました。

実際、3回会って、クーへ走って近づいてくるようなこともなく、

クーが臆病だということも十分わかってくれていて、

ゆっくりゆっくり近づいて優しくクーを撫でてくれました。

DSCF8172-1.jpg

お宅に伺った時にも、「クーちゃん、おいで」

なんてこともなく、クーが落ち着いて伏せた場所にゆっくり近づいて

ずっとずっと撫でてくれていました。

クーも穏やかなお姉ちゃんの手を受け入れていて

半分寝そうなくらいリラックスしていました。

その後、お姉ちゃんがクーのリードを持って

家の中を一緒に連れて歩いたりしましたが

クーも落ち着いてついて歩いているのを見て

あぁ、この子たちならきっとクーと仲良くなれると

直感で思ったのです。

DSCF8173-1.jpg

仮母が思い描いていたいぬ親さんなんて、

勝手に仮母が想像していたことなだけで

本当のクーのご家族はクーが感じて決めるんだ・・・。

なにより、ご家族全員の強いクーへの思い、

これが一番大事なんだと。

お父様お母様も同居ということで、失礼ながら心配していたところも

あったのですが、とんでもありませんでした。

まだまだお二人で立派にお店をきりもりしていて

バリバリ現役のお二方。

それでもクーを迎えるにあたり、自分達の居住スペースである1階には

お二方だけの時には連れて来ない、

気をつけてはいるけれど、何かあったら困るから

ご家族が帰ってきてからでも1階にクーを連れてくるときには

必ずリードをつけて、クーをフリーにはしないようにします、と

こちらからお願いする前にしっかりと逸走防止は考えてくださっていました。

DSCF8170.jpg

ここまで心を開いてくれるようになったクーを

家族全員で全力で守ります!

何度も意地悪な質問もしましたが、

そう言い切ってくれたこちらのお宅へクーをお任せすることにしました。

以前ご主人は犬を飼っていた経験があるとのことですが

ご家族で犬を飼うのは初めてとのことでしたが、

確かにクーは気をつけなければいけないこともたくさんあります。

それでも犬を飼うことが初めての方なので

より一層慎重に考えてくださっていることも

仮母が安心できる点でもありました。

いろいろ困ることも出てくるかもしれませんが、

無理はせず、きっと一つ一つ慎重にクリアしていってくれる

そう思うことができました。

DSCF8175.jpg






いぬ親様決定が7月中旬でしたが、

夏休みに入り、奥様のご実家へお子様たちと帰省されるとのことで

お盆明け8/15にお届けすることになりました。

決まったときにはまだあと1ヶ月クーと一緒にいられる♪

と思っていましたが、もう残り1週間になってしまいました・・・。

早い・・・早すぎる・・・(涙)

でもS様ご家族が楽しみにクーを待っていてくれる。

もうすぐクーともお別れ・・・いやクーの旅立ちなんだ。

泣いちゃダメ。

そう思っても、クーに毎日のように

「もうすぐ本当のおうちに行くんだよ。

 もう一回頑張るんだよ。

 クーはパパとママとお姉ちゃんとおじいちゃんおばあちゃんと

 仲良く楽しく暮らすんだよ。

 わがままいっちゃいけないよ。

 たくさんかわいがってもらうんだよ。」

そういい聞かせています。

この話をする時、どうしても涙が出てきちゃう・・・。

でも泣いたらクーは行きたくなくなっちゃうかもしれない。

だから、ぐっと堪えてニコニコ笑いながら

ずっとそう伝えています。

ものすごく、本当に物凄く仮母は寂しいし辛いけれど

クーは幸せになるんだから

仮母の気持ちなんてどうでもいいから

クーの幸せのことだけ考えよう。

クーの見えないところでメソメソしている仮母でした。

DSCF8176.jpg



クーのお名前は

「マロン」ちゃんになります。

今もずっとマロンちゃんと呼んであげています。

S様、あと1週間、もう少しお待ちくださいね。

もうすぐクーは我が家を卒業です・・・。


スポンサーサイト

*Comment

おめでとうございます! 

クーちゃん、よかった~(´;ω;`)
そんなにたくさんの人達がいっぺんに家族になるなんて、なんて幸せな子!

グーちゃんにもブラウにもそっくりなクーちゃん。
ナイーブすぎて心配していたけど、やっと赤い糸をたぐり寄せる事ができたんですね・・・。

お姉ちゃんたちにたくさん遊んでもらって、たくさん楽しい思い出作ってもらうんだよ^^
ああ。本当に良かったなあ☆
  • posted by ブラウママ 
  • URL 
  • 2017.08/10 03:07分 
  • [Edit]

ブラウママさんへ 

ありがとう(*≧∀≦*)

クーも素敵なご縁を手繰り寄せました。
たくさんのご家族に囲まれてたくさんたくさんかわいがってもらえるといいな(^-^)

ブラウにも一度会わせてみたかったなぁ。
顔はグリュに似てるけれど、動きはブラウにそっくりだったよ~!
ずっとずっと一緒にいたかったけれど、クーをうちの子にしてしまったら、まだまだたくさん本当の家族を待っているセンターの子たちを預かれなくなってしまうから…。
預かりを始めた意味が変わってきちゃうから、ここはぐっと堪えなければ(涙)
  • posted by ぐーちゃんママ 
  • URL 
  • 2017.08/10 08:14分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ぐーちゃんママ

Author:ぐーちゃんママ
保護犬だった「グリュック」と、ロップイヤー(うさぎ)の「のんのん」、主人と私で狭い2DKのアパート暮らし。
「ちばわん」の運営ボランティアを始め、いよいよ預かりボランティアに挑戦中。

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR