犬との幸せな日々~die glueckliches Jahre mit Hund~

モデくんちょっとだけ進歩


モデくんは元気にしています。

いろいろと変化が見られてきました。





お散歩の用意をすると自分でケージから出てくるようになりました。

1週間を過ぎたくらいから、自分から出てくるようになり、

玄関やらお風呂場やら台所やらをウロウロしだしました。

DSCF9854.jpg


自分から出てくるようになったのはとっても進歩なんですが、

これがまた問題ありありなのです。

お散歩の用意をしている時に自分からケージから出てくるものの

その後が大変。リードをつけさせてくれないのです(涙)

DSCF0177.jpg

追い掛け回すと逃げ回るだけなので、

玄関ゲートの前で何度も「モデくん、おいで!」

と呼ぶのですが、呼ぶと近くには来るものの

リードをみつけてUターン・・・。

何度かそれを繰り返すものの、全くじっとしていません。

DSCF9862.jpg

玄関ゲートをあけて玄関に降りたところを

後ろからハーネスに1本ようやくワイヤーリードを装着して

それをつかまえてあと2本を無理やり装着するような感じ。

その間といえば、モデは大暴れしながらリードをガチガチ・・・。

本当にへこたれませんよ、さすが男の子!なのかなぁ。

ガチガチガチガチガチガチガチガチ・・・・。

噛み切れるはずもないワイヤーリードとチェーンリードを

ひたすら噛んでます・・・(涙)

DSCF9856.jpg
エヘヘヘ。やめられないのら。



歯や歯茎などが傷ついちゃうからやめさせようとするんだけど

ガチガチしていればとりあえず動きが止まるから

その隙にさっと靴を履くのです。

(そうじゃないと大暴れで靴すら履けない 涙)

DSCF9903.jpg





最初の1週間くらいは、外に連れ出すとすぐに

ジャ~~~っと長いおしっこをしていましたが、

最近お散歩前にケージから出てきて、私が用意している間に

どうやら待ちきれないようで、

あちこちで派手に大量のおしっこをするようになりました。

DSCF9861.jpg


それもここ数日、ようやく場所が特定されてきつつあるので

台所のど真ん中に数枚シーツを広げておくと

そこに行って思いっきりするようになりました。

そこまで我慢しないで、おしっこしたくなったら

そこに行ってくれればいいんですが・・・。

DSCF9855.jpg



どうやらお散歩に行く用意をすると興奮して

お外に出る前にもよおしてきちゃうみたい。

それと、センターのコンクリートの床でおしっこしていたのもあってか、

カーペットとかよりも、フローリングの固い床でするのが

なんとなく馴れているのかな・・・。

なんだかちょっと切なくなっちゃう仮母です。





ケージからなかなか出てこないし、

お散歩前はリードをつけることで精一杯で

写真を撮る余裕がなくて、ケージの中での写真ばかりで

すみません・・・(涙)

DSCF0180.jpg

でも、こうして真横に寝れるようになったり、

なかなか捕まえられなくても自らケージから出てこれるようになったり、

おしっこもシートの上で出来るようになってきたり、

少しですが変化を見せてくれているモデくんです。

DSCF0181.jpg




お散歩から戻ってくるとちょっとスイッチが入るようで

少しケージを出たり入ったりする動画が撮れました!






まだまだお散歩もハァハァ大興奮で大変なんですが、

近々お散歩事情もご紹介したいと思います。

動画撮れるかなぁ・・・(涙)

歩けるし、後ずさりするようなことはないんだけれど

それはそれは興奮状態でグイグイズンズン前に進んでいくのです・・・。

どうしていいかわからないのかな・・。

でもへこたれずに仮母も頑張って毎日お散歩行ってます。

外では止まって落ち着いていられないので、

来週のなかよしフェスティバル参加は無理そうだなぁ・・(涙)

DSCF9858.jpg


おかげさまで首回りの傷は

もうほとんどのかさぶたが取れ、毛も生えてきつつあります。

ご心配おかけしましたが、モデくんの再生能力はかなり高いようです(笑)

DSCF9864.jpg



まだまだ勉強しなければいけないことがたくさんのモデくんですが

仮母も一緒に頑張ります。

モデくんの応援よろしくお願いします~!!

スポンサーサイト

傷の治りも順調


モデくんの首回りの傷の具合を診てもらいに

月曜日再診に行ってきました。

傷が一番ひどい首の左側辺りも腫れも赤みも引いてきて

かさぶたが大きくなってきていて順調に回復している

とのことでしたので、このまま引き続き抗生剤の投与で

様子を見ることになりました。

DSCF9842.jpg

モデくんはフィラリア陽性で、

レントゲンなどで心臓肥大などがあるかどうか

確認してもらいましたが、それほど肥大もありませんでした。

それでもセンターに1年半いて、フィラリア予防薬投与もしていなかったので

やはり心配でしたから、ボルバキア治療を開始することにしました。

DSCF9849.jpg

ちょうど傷を治す為の抗生剤が切れるところだったので

ボルバキア治療で使用するビブラマイシンも同じ抗生剤、

一石二鳥なので抗生剤をパセトシンからビブラマイシンに変え

傷の回復とボルバキア治療を同時に行える方法にしました。

DSCF9843.jpg







1週間を過ぎた頃だったと思いますが、

夜私たちが寝室で寝ていると、

カチャカチャと爪がフローリングに当たる音がして

ふと身体を起こして見たら、モデくんが寝室を覗いていました(笑)

お!!やっと出てきたか!!

と思いましたが、目が合ったらそそくさとケージのある部屋へ

戻って行ってしまいました。

DSCF9846.jpg

でもこれがまずはモデくんの第一歩。

翌日の朝、モデくんをたくさん褒めてあげて、

いつもは排泄のためにだけ、ほんのちょっと家の前の広場に

連れていくだけにしていましたが、

少し歩かせてみました。

右往左往してしまいますが、歩くことは出来ます。

また、今は傷が完全に治っていないので首輪が出来ません。

なのでハーネス2つしかしていないので、ちょっとコントロールが

効きません。今は好きに歩かせているような状態ですが、

それでもちゃんと前には進んでいきます。

ハァハァと興奮状態ですけどね(笑)

DSCF9847.jpg

首輪が出来るようになったら、しっかり指示をいれて

もっと上手にお散歩できるように頑張ろうと思っています。

そのほんの少しお散歩で歩かせてみて帰宅して、

その後にグリュのお散歩に行って帰ってきたら

またまたモデくんが部屋から玄関を覗いていましたよ(笑)

ほんの少しずつですが、人がいなければケージからは出てくる勇気が

湧いてきたみたいです。

DSCF9850.jpg






自分で普通にケージから出てこれるのもあと少しかなぁ。

本当にモデくんは穏やかでお利口さんです。

人の手を噛んではいけないってちゃんとわかっているし、

頭を撫でても体を撫でても大人しくしていられます。

ケージの中でもギュッと目をつぶって爆睡していたりします。

DSCF9839.jpg

やっと「ここが安心できる場所」と思ってくれたかな。

短いお散歩から帰ってくる時も、一目散に家を目指します。

ちゃんともうここがおうちだってわかってるんだよね。

うちのアパートに入るところを曲がると

モデくんは一旦必ず振り返って私がいることを確認します。

あぁぁ・・・なんてお利口さんなんだ!モデく~~ん!!

DSCF9840.jpg

なんだか当たり前なことばかりかもしれないけれど、

本当にちょっとしたことがかわいくてかわいくて

いちいち喜んでいる仮母なのでした。





ほんのちょっとですが、

仮父禁断の手段に出ている時の動画を撮ってみましたよ。

手から食べるときも本当に優しいんですよ。

ゆっくりと、手を噛まないようにそっと口を伸ばします。





うふふふ・・。

かわいいでしょ、モデくん♪♪

本当に穏やかで男の子にしておくのがもったいないくらい

優しい男の子です。

15日には去勢手術の予定です。

なんとか24日のなかよし動物フェスティバルのいぬ親会に

参加できるよう頑張ります~~!!

たくさんお世話になったセンターの皆さんにもお見せしたいしな~。

DSCF9845.jpg
オイラ頑張るから、応援してくれ~~!

モデくん仲良し作戦


モデくんは毎日眠くて眠くて仕方がないようです。

やっぱり疲れているんだろうなぁ。

怖かったのもあっただろうし、緊張感が続いていて

ようやく一人で落ち着ける場所が仮宅だったとしたら

とっても嬉しいことです。

DSCF9600.jpg





前回のブログでお伝えしたように
モデくんはセンターで同室の子たちに襲われて
怪我をしてしまいました。


ただ、誤解してもらいたくないのです。
モデくんが自ら何かしたということも考えられませんが、
同室の子たちが悪いわけでもないのです。
この部屋にいる子たちは皆とってもビビリな子たちばかりです。
でも未去勢の状態で一緒にいられる男の子というのは
本当に性格がよく、穏やかな子たちということなのです。
決して攻撃性がある子たちではないのです。
だからモデくんが襲われたと聞いた時にも
同室の子たちのことを責めるつもりは全くありませんでした。
あの部屋にいた子たちが「攻撃性がある子」と
決して思わないでください。
モデくんがもし残されている立場だとしたら、
同じように他の子を襲っていた可能性も当然あったかもしれません。
どれだけ穏やかな子であったとしても
そういう状況になってしまうことがあるということを
ご理解頂ければと思います。
過酷な環境でお迎えを待っている子たちにも
どうか暖かい手を差し伸べてあげてください。


DSCF9601.jpg

仮母は前回のブログを書いてから

そのことがとても気になっていて

なんとか皆さんに理解してもらいたいと思っていました。

モデくんがかわいそう・・・と思ってくださった方もいらっしゃったと思います。

確かにかわいそうではありましたが、

モデくんが逆の立場になっていた可能性もあったのです。

そこをご理解頂きたかった。

そして、他の同室の子たちが一日も早く

家庭に入れることを本当に本当に願っています。






さてさて話は変わり、

ずっとケージに入ったままのモデくんと

仲良しになりたい仮父は

一生懸命モデくんの気を引こうと

禁断の手段にうって出ましたよ。

DSCF9606.jpg

本当はダメなんですよ。

でもビビリの子と仲良くなるにはこれが一番だと

仮父は知っているのです。

DSCF9610.jpg

「ファミチキ」もしくはセブンイレブンの「揚げ鶏」です。

これ、あの2ヶ月引き篭もりだったマロン(預かり名:クルーク)でさえ

これにはしっかり反応して、手から食べてくれていたのです。

本当にちょこっとだよ!!!と怒る仮母を尻目に

「いいんだもんな~~、モーく~~ん」

とか言いながらニヤニヤしながら食べさせていました。

DSCF9607.jpg

皆さん、決して真似しないでくださいね・・・。

でもやっぱりこれの威力はすごい。

手からまだおやつも食べれないモデくんも

首を伸ばしてちょうだいってやってました(笑)

まずは人の手が怖くないと思わせること。

とはいっても、モデくんは全く人の手怖がってませんけどね・・・。

本当に仮父の自己満足でしかありません(涙)

DSCF9609.jpg




モデくんは本当にいい子です。

排泄だけのために外に連れ出すと

相変わらずワイヤーリードとチェーンリード(1本増やしました 笑)を

へこたれずにガチガチ噛んでいて

帰ってきて足を無理やり拭いていると

更にガチガチがひどくなるんですが

こちらもやめさせたいのと足を拭きたいので

リードを短く持っていると、そのガチガチ噛む位置が

自然と手に近くなってくるので、

その勢いで手を噛まれそうな気がしてしまうのですが

モデくん、私の手に間違って歯が当たった瞬間に

口をずらして避けるんです(涙)

決して私の手を噛まないんです。

DSCF9605.jpg

必死になってリードを齧っている時ですから

そんな加減も出来ないと思うんですが、

人を噛んではいけない、ってちゃんとわかってます。

本当に本当に穏やかで控えめな

名前はやっぱりぴったりだったな、と

自画自賛の仮母なのでした。

DSCF9611.jpg





首の傷もしっかりかさぶたになってきて腫れも引いてきました。

ただ、傷の部分はかなり固くなっていますので

まだしばらく完治までにはかかるかもしれません。

足の傷はかさぶたも取れ、かなり綺麗になってきました。

DSCF9602.jpg

1週間経過してお薬もなくなるので、

明日病院で再診してもらってきます。

眠いとブッサイクな白目をむいて寝てるモデくんが

かわいくてかわいくてたまらない仮母なのでした。

DSCF9603.jpg


やっと出してあげられた・・


トライアル中のマロンはすっかり家族の皆さんに馴れ、

特に一番世話をしてくれる絢音ちゃん(上のお姉ちゃん)に

すっかり心を開いて懐いているようです。

1504140062460.jpg




マロンはもう心配ない、

そう思い、新しい子を預かることにしました。

その子はマロンのことが気になっていたのと同じくらい

ずっとずっと気になっていて、

センターに通う度に一生懸命声をかけていた子です。

なんだかちょっとボケーっとしていたけれど

収容室にいた頃から自分でもよくわかりませんが

ずっと気になっていた子です。

DSCF9593.jpg

4日目部屋と呼ばれている男の子がフリーになっている部屋で

昨年2月に収容されてから1年半もの間、

じっとセンターでお迎えを待っていた男の子。

DSCF9594.jpg


人馴れはほとんどしていない子でしたが、

少し情けないお顔をして

触ろうと近づくとそ~っと逃げて行ったりもしていましたが

ゆっくり接してあげれば身体も触ることが出来ていました。

特に目立った特徴もありませんでしたので

なかなかアピールしてあげることが出来ず

問題のある子とは思えませんでしたが

譲渡希望者も預かり希望者もいませんでした。

マロンを預かった時に、マロンも時間がかかるとわかっていたので

いつになるかわからないけれど、

次はこの子を預かろうと思っていました。

DSCF9595.jpg




副代表にこの子を預かりたいと申し出てから

センターでも事前にフィラリア検査などをしてくれたようでした。

火曜日のいつもの訪問の前日、

副代表からメールで連絡がありました。

「新しく預かり希望されている子が同室の子たちに襲われたらしい」

ドキっとしました。

あそこの部屋には未去勢の男の子たちがフリーでいる部屋。

ビビリっ子が多いし、群れていることで安心している子たちだけど

この暑さと他の部屋にいるヒート中のメスの匂い、

隣の最終部屋にいる子たちの鳴き声・・・。

きっとあそこの部屋にいる子たちにはとても過酷な環境です。

いつ何が起きてもおかしくない・・・。

DSC_1124.jpg

どうやら事前にフィラリア検査などをしてもらってから

こちらの部屋に戻されたこの子には

いつもとは違う匂いがして、皆から警戒され

襲われてしまったのではないか・・・と思われます。

それでも命に関わるほどの怪我ではないものの

首の左側と左後脚に犬歯が刺さった跡が数箇所あるとのこと。

日曜日の夕方~月曜日の朝方の間に起こった出来事だったようで

すぐにセンターの職員の方々が処置してくださっていました。

DSC_1123.jpg




とても心配で、センターに一足先に到着した仮母は

すぐに収容されている別室のクレートにいるこの子に

会いに行きました。

とってもとっても不安そうで、

いつも以上に情けないお顔をしているこの子がいました。

「ごめんね・・・ごめんね・・・

 もっともっと早く出してあげられたらよかったね。

 痛いの我慢できてお利口だったね。

 おうちに帰ろうね。」





センターでの撮影を終え、少し早くあがらせてもらい

まっすぐいつもの病院へ向かいました。

センターでもすぐに処置してもらっていましたが、

私が預かることを事前に聞いていてくださったので

毛刈りはせずに毛を掻き分けて消毒などしてくださっていました。

もう私が預かることになったので、見た目なんてどうでもいいから

毛刈りしてしっかり怪我の具合を診てもらうようお願いしました。

DSC_1122.jpg

外から見ているよりもはるかに広範囲に

首回りの怪我はひどいものでした。

数箇所に犬歯が刺さった跡があり、かなり腫れてもいました。

それでも既に傷口はふさがっているので

消毒や薬を塗ることはいらないので、

抗生剤をしっかり飲ませて腫れが引いていくのを待ちましょう

先生からはそう言われました。

DSC_1120.jpg

後ろ脚も少し齧られた跡がありました。

DSC_1121.jpg






頑張ったね。よく我慢できたね。

病院でも毛刈りをしている間も一切騒がず

大人しくできたこの子にたくさん褒めてあげました。

DSC_1125.jpg

家に到着してからもとてもおとなしく、

お水はたくさん飲んだけれど、フードは口をつけないので

抗生剤飲ませるのをどうしようか・・・と迷っていました。



いい子だね。傷が早く治るようにお薬飲まなきゃいけないの。

苦くてイヤだけどお薬お口に入れるから

頑張ってお薬ゴックンしちゃおうね。



そう声をかけながら、思い切ってお口を開けて

ピルポケットに包んだお薬を突っ込んでみました。

案の定、この子は一切抵抗することなく口を開けさせてくれて

口の奥に入れるとゴックンと飲み込んでくれました。

DSC_1126.jpg

これだけの怪我を負いながらも、

他の子たちに怪我はないところを見ると

この子はやり返すこともしなかった・・・。

本当にとっても優しい子なのだと思いました。

DSC_1127.jpg



たくさんたくさん待たせてしまったけれど

こんなにいい子ですから

でっかいでっかい幸せつかませてあげたい!!

DSC_1129.jpg

実は名前はずっと前から決めていました。

マロンがお嫁に行ってから

すぐにこの子に名前を考えていました。

そして、センターでもこっそりとその名前で呼んでいたのです(笑)

DSC_1128.jpg

またまたドイツ語シリーズで

モデラート」(moderat)くん です。

「控えめな」という意味です。

いつも大人しく、控えめな印象を持っていたので

この言葉がしっくり来ました。

DSCF9597.jpg




モデくん、これからよろしくね。

ご飯も人が見ていると食べないことが多くて

夜中にこっそり食べたりしているシャイなモデくん。

お部屋を汚したくない子らしく、

センターでもクレートの中では一切排泄せずに我慢していた

とのことだったので、

排泄のためだけにほんの少しだけお外に連れていきます。

歩くことは出来るけれど、リードがイヤでたまらないらしい(笑)

DSCF9599.jpg

首回りが怪我しているので首輪が出来ないので

ハーネスを2つつけて、ワイヤーリードを2本つけてますが

とにかく齧って齧ってワイヤーリードも血だらけですが

お外に連れていけばちゃんとおしっこは出来ます。

お散歩とは呼べるものではないけれど

怪我が良くなってきたらもっとちゃんと練習しようね。

DSCF9596.jpg

これから少しずつ少しずつ

焦らずがんばっていきますので

どうぞモデくんを応援してあげてください!!

まだまだケージからも出て来れませんが(笑)

これから。これからです!!


マロン(クルーク)トライアル頑張ってます!


8/15にトライアルをスタートしたマロンは、

前回のブログでも紹介したように

丸2日間近く飲まず食わずだったのですが

絢音ちゃんの手からご飯を食べることが出来てからも

食べたり食べなかったりを繰り返していました。

それでも、絢音ちゃんやまり夏ちゃんが一生懸命

マロンに優しく接してくれたおかげで

大分ご家族に馴染んできてくれているようです。

1503627076668 (2)



うちでもお布団で夜は一緒に寝ていたからか

お布団の上が気に入っているようでお布団の上にいるか、

絢音ちゃんとまり夏ちゃんの二段ベットの下の段に

いることが多いようです。

1503627044461 (2)




あまり食べたり飲んだりしないというマロンのことが

心配で心配でたまらなかった仮母でしたが、

毎日のように絢音ちゃんがLINEで連絡をくれたり、

ママさんとも電話で話をしたりしながら

いろいろ様子を伺ったりして数日を過ごしていました。

1503627070301 (2)



心配だったのは実はマロンではなく、

これだけ頑ななマロンのことを

「やっぱり預かりさんのお宅にいる方が幸せなんじゃないか」

そうご家族が心配して諦めてしまわないか、

それだけが心配でした。

1503627059945 (2)


もし万が一そんなことがあったら

すぐにマロンを連れて帰ろうと考えていた、悪い仮母です。

1503627080343 (2)


でも、仮母の考えなんて浅はかなものでした。

そんな頑なになっているマロンを

絢音ちゃんは「かわいい、本当にかわいい」と言ってくれて

ママさんは「しょうがないですよね~。時間かかるのは

覚悟してますから大丈夫ですよ~」と言ってくれて

誰一人としてマロンが緊張と不安で一杯になってる姿を

「この子は無理」

なんて言う人なんて一人もいなかった。

保護犬を迎えるのだから、そんなの当たり前だ、って

思うかもしれないけれど

初めて犬を飼うご家族で右も左もわからないのに

こんな様子では戸惑ってしまうのではないか・・・って

すごく心配していたのが取り越し苦労だったと

すぐにわかりました。

本当に本当にご家族全員、しっかり覚悟を持って

マロンを迎えてくださっていたのです。

1503627085424 (2)


お散歩も朝はパパさん、夜はママさん、

絢音ちゃんとまり夏ちゃんはいつも一緒。

朝はおじいちゃんも一緒に行ってくださったりすることも

あるんだそう。

1503627093650 (2)


本当に優しいご家族に囲まれて、

マロンはとっても幸せものです。

数日前から、絢音ちゃんが出かけてから戻ってくると

こんなふうにしっぽフリフリ、

ピヨピヨ鼻鳴きしながら歓迎してくれるようになったそうですよ。





かわいい!かわいいよ、マロン(涙)

またマロンは本当のおうちに来て

一杯一杯考えたんだね。

ここはどこだろう??

仮母はどこ行っちゃったんだろう??

ここの人たちは私のことをいじめたりしないかな?




そして、またたくさんたくさん考えて

優しいお姉ちゃんたちと一緒もいいな。

皆かわいいかわいいって言ってくれてるな。

たくさんたくさん撫でてくれるな。

もしかしたら皆優しいのかな。




そう思ったんだね。

だからこんなに早く皆に心を開くことが出来たんだね。

1503627100208 (2)


えらいよ。すごいよ、マロン。

やっぱり出来る子だったね。マロン。




まり夏ちゃんと一緒に
1503627105312.jpg
1503627109595


絢音ちゃんと一緒に
1503627130681
1503627126383


二人の笑顔をお見せできないのが本当に残念ですが、

絢音ちゃんとまり夏ちゃんとマロンが

本当の3姉妹のようで

とってもとっても嬉しくて幸せな気持ちで一杯の仮母でした。







まだトライアルは1/3しか経過していませんが、

マロンはもう大丈夫。

あとはもっともっと絆を深めていって

S家の一員として、S家の三女として過ごしていくんだよ。

残り2/3のトライアルも暖かく見守っていこうと思う仮母でした。

1503627134498
(この写真、仮母的には最高にお気に入り!)





マロンももう安心ですので
来週、また次の子を預かってこようと思っています。
またまたちょっぴりビビリっ子。あ、ちょっとじゃないかも。
乞うご期待!!!


Menu

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR