犬との幸せな日々~die glueckliches Jahre mit Hund~

クルークいぬ親会デビュー


綺麗にシャンプーもして、

生憎の雨でしたが、クーは初めてのいぬ親会参加のため

車に乗り込んでいざ出発!!







ところがところが・・・。

まぁまぁ車に乗せた途端大騒ぎ!

初っ端からビビリうんを撒き散らし、

思わぬところにあったうんを掴んでしまった仮母は

クーのうんこまみれに(苦笑)。

車を走らせる前に車内の大掃除をして一仕事してから出発したものの

数分たつと今度はどうやら後部座席の後方のトランク部分で

おしっこまでした模様(涙)

途中でコンビニに寄り、またまた大掃除・・・。






これでちゃんと会場までたどり着けるのか・・・。

本気で心配した仮母でしたが、なんとか予定通り到着。

駐車場に車を停め、備品を下ろそうとすると

これまた大暴れしつつあり

どうなることかと思いましたがなんとか設営の準備が出来ました。





さぁ、いよいよクーの会場入り。

暴れるのは想定内でしたので

抱っこしてPoochさんへ入りました。



ところがところが

先ほどまで大暴れしていたクーはどこへやら。

全然平気にチョロチョロ歩いて奥の隅っこを陣取りました。

DSCF4664.jpg


なんだか拍子抜けしちゃいました(笑)

もっともっとビビリまくってビビリうんやビビリしょんに

まみれてしまうことも想定していたのに・・・。

思った以上に落ち着いていられることが出来たのです。

DSCF4663.jpg



すごいね、クーちゃん!

怖くないの??大丈夫??

DSCF4667.jpg

はい、大丈夫だそうです(笑)

それは良かった・・・。






いざいぬ親会が始まってからも

クーは震えることなく、じっと伏せていられたのです。

すごいな・・・。すごいな・・・。

クー、仮母と一緒にいれば怖くないって

わかってくれたのかな。

DSCF4661.jpg

来場者さんに撫でられても

全く動じることもなく、震えることもなく

いろんな人にたくさん撫でてもらえました。

DSCF4675.jpg


犬ってすごいなぁって。

本当に本当にそう感じた瞬間でした。

3ヶ月前は威嚇して飛び掛ろうとしてきたクーが

今ではもう誰に撫でられても落ち着いていられる。

犬の学習能力の高さと順応性の高さを

改めて感じることが出来ました。

もちろん、クーが頑張ったのと、元々素直だったこと、

グリュの優しさが伝わっていたこと、

そして一生懸命クーをかわいがってきた仮母のことも

きちんと受け入れてくれたクー。

DSCF4676.jpg






たくさんの方々に、クーが長いことセンターで頑張ったことや

全く人馴れしていなかったのが、ようやくここまで来れたこと、

たくさんお話させてもらいました。

涙ぐんで聞いてくださった方もいらっしゃいました。

DSCF4670.jpg

かわいそう、ではなくて

クーちゃんよく頑張ったね、

そう皆さんに褒めてもらえたことが

本当に嬉しかったです。

DSCF4671.jpg




それと、これまたびっくりだったのが

私がトイレに行ったり、休憩に行ったりして戻ると

伏せていたクーが立ち上がって

私に向かってしっぽを振ってくれたことでした。

DSCF4669.jpg
DSCF4668.jpg

ちゃんと仮母のことを認識してくれているんだ。

そんな態度をとってくれるなんて思ってもいなかったから

本当に本当に嬉しかったよ。

DSCF4677.jpg

そんなクーをとても気に入ってくださり、

ず~~っと撫でてくれていた男性もいらっしゃいました。

クーは男性が苦手だと思っていたけれど

もうそれもほとんど気にならなくなってきたようです。

DSCF4679.jpg

ちゃんとその男性の方の顔を見上げて

アイコンタクトもとっていたクー。

そうだよ。クーに怖いことする人なんていないんだ。

皆優しいんだよ。

嬉しいね。クー。

DSCF4681.jpg







無事にいぬ親会も終了して家に戻ると

疲れたのか、クーは爆睡して

いつもグリュと遊ぶのもなしでひたすら寝ていました。

たくさんたくさん新しい経験をしてきたクーちゃんです。

DSCF4661.jpg

きっとまた一歩前に進むことが出来たと思います。

お散歩も大分歩けるようになってきたクーは

今月末30日開催の臨時いぬ親会に参加予定です!!

どうぞ頑張るクーに会いに来てくださいね!

DSCF4680.jpg
あたちに会いに来てね~!


スポンサーサイト

弾けるクルーク


明日はいよいよクーのいぬ親会デビューです。

その前に延び延びになっていたシャンプーに挑戦しました。

結構ドキドキでしたが・・・。






なんの心配もいりませんでした!

歴代の預かりっ子の中でもトップ3に入るくらい

無抵抗でお利口にやらせてくれましたよ!!

ゴシゴシジャージャーやっても

ずっとお利口さんにおとなしくしていました。

すごいなぁ~~、クー。

本当にお利口さん。

DSCF4649.jpg
(タオルドライ中でしたので首輪なしで失礼します)

3月に入ったくらいから大分変化が出てきて

不妊手術が終わってからもドンドンかわいくなってきて

お散歩も少しずつ出来るようになってきて

シャンプーも大人しくお利口にしていられたクー。

DSCF4648.jpg
(タオルドライ中でしたので首輪なしで失礼します)




それがまたまた進化していくクーちゃんです。

グリュ姉ちゃんにアピールするだけでなく

3日ほど前くらいに初めておもちゃでも遊ぶように!!!

まずは第一弾の動画をどうぞ!!





すごいでしょ~~!

このはじけっぷり(笑)

どうやらクーは実はハイパー娘のようですよ!





今日もまた違うおもちゃで遊んでたので

続けざまですみません(仮親バカ全開っ!!!)

どうぞどうぞ、更に弾けるクーをご覧くださいませ!




本当に動きが笑えるんですよね。

チョコチョコ細かく動く仕草が

イチイチかわいくてかわいくて(笑)







もうすっかり普通の家庭犬になりつつあるクー。

明日はきっとビビリうんとかしちゃうかもしれないけど、

ずっと震えてたりしてると思うけど、

お散歩で会った人に撫でられても

震えながらもちゃんと人の手を受け入れられるようになったクーは

明日のデビュー頑張ってきます!!!

DSCF4644.jpg
仮母と一緒に頑張りまち!
震えてても仮母に声をかけて
ゆっくりナデナデしてくだちゃい!!


クーのお散歩状況


今日はとてもいいお天気で

きっと湘南いぬ親会も盛況だったんじゃないでしょうかね。

うちはいぬ親会に参加できる子がいないので

参加できませんでしたが、いつか参加してみたいと思っています。







たまたま仮父もお休みになったので

どうしてもクーのお散歩状況を皆さんにもお見せしたくて

やったことのない写真撮影をお願いしました。

結局は私が半分以上撮ることになったんですけどね(笑)





仮宅の玄関を出るとすぐ前に大きな公園になっていて

この広場の一部をまるで我が家の庭のように

クーのお散歩練習場として使わせてもらっています。

DSCF4363.jpg


もちろん前面土で草が生えているので

最初の頃、どうやっても歩かないクーを引きずっても

肉球を傷つけずに安心して練習できましたよ。

DSCF4366.jpg




家の中でリードをつけて引いていこうとすると

まだ結構暴れたりするので、抱っこして玄関まで連れて行き

玄関を出たところで地面におろしてここまで連れて行きます。

まだまだビビッて右往左往しながらですが

なんとかここまで一緒に歩いてきます。

DSCF4339.jpg

ここまで来るだけでまずは放心状態のクー。

DSCF4338.jpg





そこからまずゆっくりと声をかけながら

私の方に引っ張ってみます。

DSCF4351.jpg

いつもですが、まずは首輪についているリードを押さえつけ

「勘弁してください・・・」

かわいく抵抗しています。

DSCF4344.jpg


イヤなの、イヤなの・・・(涙)

両手を使って必死にリードに手をかけて抵抗しますが、

最初の2~3日は、これだけでなく

必死にリードを齧る齧る・・・。

ワイヤーリードだからどんなに齧っても齧れないのに

歯から血を流しながらも必死にリードを齧っていましたが

その後は前足でリードを押さえつけることはしても

「リードを齧る」ということは全くしなくなりました。

さすがに歯が痛かったんでしょうね。

DSCF4352.jpg


それでも仮母はひるみません。

だっていじめてるわけでもなんでもなくて

クーにお散歩の楽しさ教えてあげたいから。

リードに繋がれて一緒に歩くことがいかに安心なのか

それを教えてあげないといけません。

DSCF4360.jpg

それでも大分自分の足で歩こうとしてくれるようになりました。

怖いんだけれど、歩くことの楽しさ

ほんの少しわかるようになってきたかな。

DSCF4355.jpg


でもすぐに座りこんじゃいます。

座りこんでは回りを見回して

耳をピクピク一生懸命動かして様子を伺っています。

DSCF4358.jpg

人が近づいてくれば耳をピーンと立てて

何か物音がすれば耳をピーンと立てて

回りを警戒しながらじっと様子を伺っています。

DSCF4341.jpg

そして、仮母からの「はい!クーもういっちょ行くよ~」

の掛け声で、ちょいと引っ張るとまた少し歩き始めます。

DSCF4348.jpg

ちょっと歩いてはお座りか伏せ。

調子よく歩き出したかと思えば

ダッシュで走って植え込みの方に逃げ込もうとする。

そんなことの繰り返しですが、

それでもこちらから声をかけなくても

自主的に歩き出すこともあるのです。

DSCF4345.jpg


実際歩き出してしまうと

しっぽもピーンとあがって楽しそうだったりするんです。

でもやっぱり怖い・・・。

しゃがみこんでじ~~っとしばらく考えこんでることもあります。

DSCF4343.jpg


そんな時、仮母はじ~~っと考えてるクーには

何も指示は出しません。

引っ張りもしませんし、声もかけません。

今起こったことを一生懸命思い返してるのかもしれないから。

そうすると割と自分から歩き出すことが多いのです。

DSCF4340.jpg



外にいる間はずっと震えているクーですが

ただただ震えているだけではなく

顔を隠したりしながら固まっているのであれば

ガンガン引いてるかもしれません。

怖さを克服するには経験させることが一番だと思うので。

でも、クーはそうじゃないのです。

ちょっと歩いては周りを観察し

お座りしながらも何か考えているよう・・・。

いいよ、いいよ、クー、

たくさんたくさんよく考えて、もう一回歩いてみよう!って

そう思ってくれるのを仮母は待ってるよ。

DSCF4349.jpg


グリュとエルたんも応援に駆けつけてくれましたよ。

クーはグリュが大好きだから

グリュが来てくれると、ちょっと嬉しそうに近寄って

しっぽふって助けを求めているようにも見えますので

グリュ姉ちゃんと一緒に歩いてみようよ、と

グリュの後を追いかけようと引いてみるけれど

まだその勇気までは出ないみたい。

DSCF4350.jpg





あまり長くは撮れなかったのですが

少し動画も撮れました!




頑張って歩けた時にはめちゃめちゃ褒めます!

ギューっと身体を抱きしめてあげちゃいます!

だって本当に本当にクーは頑張ってるんですもん!!

DSCF4342.jpg





こんな感じで毎日お散歩練習頑張ってるクーちゃんです。

まだまだ怖いことばっかりだけど

私が何か食べていたりすると

トコトコ寄って来て

「お母しゃん、何食べてるですか??」

と、顔を寄せてきたりもするようになったんです。

何もなくてもたま~~に寄って来ることもあります。

グリュとエルたんのお散歩から帰ってくると

ピヨピヨとまるで小鳥が鳴いてるかのような声を出して

グリュが帰ってきたことをとっても喜ぶクー。

ついでに私が入ってくるのも覗きに来てくれたり(涙)

日に日にかわいくなってくるクーが

本当に本当に愛おしくて愛おしくてたまりません。

DSCF4361.jpg




そんなクーは、いよいよいぬ親会にデビューします!!

来週の日曜日(4/9)船橋いぬ親会に参加することにしました。

きっとずっと震えているだけだと思いますが

クーにはいろいろな経験をさせてあげることが

きっとクーにとっては大事なんじゃないかって

仮母は思うのです。

人って皆優しいんだよ。

クーに怖いことする人なんてもういないからね。

たくさんクーを撫でてあげてください。

きっとクーには人の優しさ、伝わると思います!

どうぞクーに会いに来てくださいね!

DSCF4354.jpg
震えちゃってると思うけど
優しくナデナデしてくだしゃい!







クルークいよいよ募集開始!!


クーは元気にお散歩練習頑張っています。

こちらも必死なので写真が撮れないのが非常に残念ですが

リードで引かれる恐怖を克服する為に

毎日仮母と一緒に頑張っています。

昨日、練習開始から6日目。

ようやく、少しずつですがトコトコと歩けるようになりました!

ちょっと行ってはすぐしゃがみこむ、を繰り返していますが

それでも1週間目を迎えた今日はもう少し距離が伸びました。

それでもまだまだ「お散歩」とは言えないレベルですが

またまた前進したクーの募集開始を決意した仮母です。

DSCF4118.jpg







プロフィールを作成するにあたり、

短い文章にクーの現在の状況を説明するには

文才のない仮母には相当悩むところではありましたが、

プロフィールを見て、こちらのブログに来られる方も

いらっしゃるかもしれないので

クルークが過ごしたセンターでの約10ヶ月を

振り返ってみようと思いました。

ちばわんの愛護センターレポートより文章・写真を

たくさんお借りします。








まずは、一番最初にレポートで紹介された時の記事です。

クーの最初の紹介は、

私の師匠でもあるひなのんさんのレポートでした!


※3/31レポート初登場 (3/17収容)
▽茶(黒の差し毛)メス 1-3歳? 10-12キロ
年齢や体重などは、詳しく見られていないので、ざっとになります。
まだかなり怯えていて、近づくと低く唸っていたので
この日は無理に出すのはやめておきました。
時間の経過とともに落ち着きが出てくると思いますので
また次回詳しく観察してきたいと思います。

f0078320_232973.jpg
f0078320_2322380.jpg
f0078320_2323024.jpg
f0078320_2321682.jpg


そして、翌週のレポートは

これまた大先輩のオカンさんのレポートでした。



この日も前週同様にかなり緊張し、
ケージの扉を開けただけで『止めて!!!』と言っていたので、
無理に出すのは控えました。

f0078320_0221611.jpg
f0078320_0223875.jpg




最初にクーを見た時の衝撃は忘れられません。

あまりにもうちの先住犬グリュックにそっくりだったから。

何!この子?!グリュの妹????

なんてかわいいんだ・・・。




それでも、本当に収容当初のクーは

かわいいお顔には似つかわしくないくらい

威嚇もひどく、収容室のケージの扉を開けると

飛び掛ってくるほどでした。

私も一瞬ひるみそうになりました・・・。

でも、この子は人に噛み付こうとして威嚇してるんじゃない、

何かされるんじゃないかという恐怖心から

身を守るためにしている行動に違いない・・・。

そう思ってクーと対峙したことをよく覚えています。






それからもずっとずっとクーのことが気になっていたけれど

ここまでのビビリっ子を預かる勇気が湧かず、

あっという間に半年が過ぎていました。

恐らくこのくらいからですね・・・。

クーともっと仲良くなりたい。近づきたい。

そう思いながら、レポートでも私情が入ってしまうほど

なんとかクーを預かってくださる方がいないだろうか・・・

早く出してあげたい・・・

そういう気持ちが強くなっていったのです。

この頃、私はエルたんを預かり始めていました。

その前のショイ、ルント、そしてエルたん

ビビリっ子を続けて預かっていく中で

クーのことももしかしたら私でもなんとか預かれるかも・・・。

そう思いだした頃です。





私自身で書いたレポートにはこんなことを書いていました。


どれだけ近くに寄ろうとしても、この子に触ろうとしても
なかなか触らせてくれない子でしたが、
今日はタイミングよく、
↑の子と一緒にいるところにそっと近づくことが出来たので
なんとかコミュニケーションを取りたくて話しかけてみました。
今までであればすぐになんとか逃げ出すところでしたが、
今日はとにかく固まっているだけでじっとしていましたので
「怖いことしないから、ちょっとだけ撫でてもいい?」と
ゆっくりと体を撫でてみました。
人の声はきっと緊張で届いていなかったとは思いますが、
ゆっくりと体を何度も撫でてあげることが出来ました。
そうだよ、怖いことなんて何もないんだよ。
あなたがかわいいから、たくさんたくさん撫でてあげたいんだよ。
一生懸命そう伝えました。
f0078320_19374059.jpg
f0078320_19381682.jpg
f0078320_1942584.jpg

この子が体を撫でさせてくれるのには、
きっとかなりの勇気が必要だったと思います。
それでも頑張って勇気を出して、触ることを許してくれました。
本当に本当に嬉しかったです。
この子のおっぱいは何度も出産経験のあるようなおっぱいです。
子供たちを守りながら、どれだけ怖い思いをしてきたのでしょう。
人間不信になるのもいたし方ないのかもしれません。
それでも、この子にも人の暖かさを知ってもらいたい。
その一心で今後も積極的にコミュニケーションをとっていきたいと
改めて思いました。
とても綺麗なお顔をしているこの子のお顔が
満面の笑みに変わる日がやってきますように。

f0078320_19371021.jpg
f0078320_19432233.jpg
f0078320_19421022.jpg
f0078320_19423114.jpg






でもまだまだ未熟な預かりの仮母には

その勇気がなかなか出せませんでした。

それでも、昨年末のセンター訪問最終日が近づき、

仮母は悩みに悩んだ末に

年末年始を暖かい毛布の上でクーをゆっくり寝させてあげたい

その一心でお預かりすることを決めたのでした。









今ではあの頃のクーはもういません。

まだまだビビリですし、

お散歩もほとんど歩けません。

それでも人に対する恐怖心や警戒心は

かなり軽減されてきていると思います。

クーは仮宅に来てからの3ヶ月

本当によく頑張りました。

グリュのやることをじーっと見て学習し、

仮母のしつこいチュッチュにも耐え(笑)

大好きなおやつやお肉には反応して近づいてくるようにもなりました。

DSCF4119.jpg


外に出せばずっと震えていますし、

人も自転車もバイクも車も

全てがまだまだ怖い状態ですし、

環境が変わればまた少し人馴れが後退してしまうかもしれません。

それでも、仮母はグリュにそっくりなクーには

グリュと同じくらい、いや、それ以上の幸せを

一日も早くつかませてあげたい・・。

たくさんたくさん怖い思いをしてきて、

センターにも長くいさせてしまって

その分を早く取り戻してあげたい・・・。

なので、少し見切り発車だったかもしれませんが、

クルークのいぬ親さん募集を開始することにしました。




どうぞこれからもクーの幸せ探しを応援してください!!

よろしくお願いいたします!





クルークの新しい世界


先週アップした記事にも書きましたが

クーちゃんは予定通り、不妊手術をしてきました。

病院に連れて行く以前に、

クーを外に出したことがありませんでしたから

本当に大変でした・・・。

でも、なんとか頑張って車に乗って病院まで連れていきました。

一度もしたことがなかったのですが、

結局、クーを抱っこすることが出来(涙)

無事に連れていけたのです。




それはそれは嬉しかった・・・。

クーはちゃんと私のことは信頼してくれていたんです。

抱っこしても力が入ることもなく、

震えることもなく、

私にしっかり身をゆだねていました。

DSC_0065.jpg

不妊手術翌日に迎えに行った時、

私は正直、また最初に戻ってしまうのではないか・・・

そう思う気持ちと

いや、クーはもう元になんて戻らない

前に進んでくれるだけだ・・・

そう思う気持ちの半々でした。

DSC_0064.jpg

「クルークちゃんお迎えの佐藤さん」

そう呼ばれて診察室に入る時、とても緊張しました。

でも、そんな緊張は必要なかった。

情けないお顔をして私を見つめるクーの姿がありました。

少し涙目になっているクー。

DSC_0067.jpg

思わず駆け寄りました。

「クー、頑張ったね、頑張ったね」

そう言いながらクーの涙を拭きながら抱きしめました。

クーも嫌がることなく、私を受け入れてくれました。

やっぱりクーは進歩していた!

クーの成長が本当に本当に嬉しかったです。

DSC_0063.jpg

手術の際にマイクロチップの装着、

長く伸びきっていた爪切り、

その他いろいろと検査もしてもらいました。

やはりクーの肺動脈にはフィラリアの成虫がそこそこいるようで

若干の心臓肥大と肺動脈付近が白くレントゲンに写っていて

明らかにフィラリアによる影響が出ていました。

DSC_0068.jpg

現在推定3~4歳のクーは

恐らく生まれてから一度もフィラリアの予防なんて

してもらったことがないのでしょう。

既に3年もしくは4年、フィラリアが寄生しているのですから

状態がよくないのは当然かもしれません。

早速ボルバキア治療を開始することにしました。

DSC_0066.jpg




いつもなら診察が終わったら一旦待合室で待って

その後精算して帰るのですが、

友人の院長が気を利かせてくれて

お薬の準備と精算を先にさせてくれて

すぐにクーを車にそのまま乗せられるようにと

対応してくれました。

J院長、本当にいつもありがとう!!

DSC_0069.jpg

抱っこしてそのまま車に乗せ、帰宅の途につきました。

最初は少し興奮していたのですが、

コンビニの駐車場で一休みして落ち着かせました。

DSC_0070.jpg

緊張していたのもあるかもしれませんが、

とってもかわいいクーの笑顔を見せてくれましたよ。

嬉しかったなぁ・・・。

クー、本当によく頑張ったね。

DSC_0071.jpg






帰宅した日は、すごい近くまで寄っていかないと

聞こえないくらいの小さな声でフンフン鳴いていました。

きっと痛かったんだろうと思います。

それから3日間くらいは、先日アップした動画のような動きもなく

ひたすらベッドで寝ていましたが、

4日目くらいから少しずつ、またグリュを誘うようになりました。






仮母は、引っ張られることに物凄く抵抗するクーに

少しでも安全にクーとお散歩練習がしたくて

清水の舞台から飛び降りる気持ちで(大げさ??)

ついにスイスイ(ちばわんメンバーならわかりますよね 笑)を

購入しました!

DSCF4099.jpg

じゃじゃ~~~ん!!

スイスイ(モンベルのウェブマスターハーネス)をつけるにも

こんながっちりしたハーネスをつけられたことのないクーは

ちょっと警戒して、小さく一度「ウ~~」と言いましたが

No!!の一言ですぐにやめました。

焦らずゆっくりと時間をかけて装着させ、

ベルトも調整しました。

DSCF4097.jpg

お散歩に連れ出すのに部屋の中でも暴れ回り、

予想通りビビリうんを撒き散らし、

バタバタ暴れまわるクーをなだめながら

家の前の広場に連れていきました。

当然、クーをコントロールしていますので写真はありませんが

とにかく「リードに引かれる」ことに強烈に抵抗します。

散々暴れさせてからやっても、

やはり前足を上手に使ってリードを押さえつけ、

首輪とハーネスそれぞれにつけているワイヤーリードを齧り、

歯から血が出てくるほど・・・。

そこまで抵抗しなくてもいいのに(涙)。

本当に怖いのでしょうね。

引っ張られる=捕獲されたときの記憶が蘇るのだと思います。

怖いことじゃないんだよ、

仮母と一緒に楽しくお散歩しようよ、

お外は楽しいことがいっぱいあるんだよ、

途中休憩しながらずっとそう伝えながらやってみました。

DSCF4098.jpg

まだお散歩の練習を始めてから今日で2日目です。

でも、昨日よりワイヤーリードを齧る回数も減り、

暴れる回数もちょっと減って

ビビリうんは出ませんでした。

本当に少しずつ。ゆっくり時間をかけて

クーにはリードに馴れてもらおうと思っています。

継続は力なり。

毎日少しずつ練習を重ねていきたいと思います。

仮宅の目の前は広い広場(公園の中です)になっているので

引きずったりしながらの練習なので

土の上で練習できることが本当にラッキーだと思っています。

もう少し歩けるようになったら、

グリュやエルたんと一緒にお散歩できるかな。




クーの新しい世界が開けてきつつあります。

たくさんいろいろな経験をさせてあげたいと思います。

募集開始はもうしばらくお待ちください。

絶対とびきりの幸せを掴もうね!!

仮母も一緒に頑張るよっ!!!


Menu

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR