犬との幸せな日々~die glueckliches Jahre mit Hund~

モデ1ヶ月経過しました


ご無沙汰してしまいました。

モデも1ヶ月経過しました。元気にしています(笑)

お散歩の様子はまだ撮れてないのでご紹介できませんが(汗)

それでも少しずつ変化は見せてくれています。

DSCF0188.jpg

ケージからちょこちょこ出てくるようになりましたよ。

出てくるタイミングは2つ。

お散歩の用意をしだした時と

仮父か仮母が帰宅した時限定(笑)

DSCF0605.jpg

そわそわし出して、ちょろちょろと出てくるのです。

ブスっとしているわけでもなく、

結構ヘラヘラしながら出てくるモデが

かわいくてたまりません!!

仮父が帰宅した時の様子の動画、

以前紹介したものとそれほど変わらないかもしれませんが

大分出てくる頻度が増えてきたので

是非ご覧くださいまし。





それでも、仮母にも同じようにしてくれるモデくん。

仮父が帰ってくると本当にそわそわして

仮父の後を追うようについていきますが

振り返れば「ぎょぎょぎょ!」と急いで戻っていきます(笑)

DSCF0603.jpg

でもやっぱり気になる・・・。

と覗きに行きます。

DSCF0607.jpg

そしてまた「ひゃぁ~~~!」と戻ってくる(笑)

何回やるんだか・・・(笑)

でもそれが本当にかわいくてかわいくて。

DSCF0602.jpg




まだまだケージから出てきてゆったりするようなことは

全くありませんが・・・。

でもモデは頑張ってます。

DSCF0601.jpg


ケージの中にいるときにはいくら触っても

全く嫌がることもありませんし、

たくさんたくさん仮母がチュッチュしても

全く嫌がらずに受け入れてくれる優しいモデくん。

DSCF0190.jpg



お外ではまだ落ち着くことが出来ないので

いぬ親会に参加できるのはまだ先になりそうですが

マロンだってまともにお散歩できるようになったのは4ヶ月後。

ケージから出てこれるようになったのは2ヶ月後。

焦ることなんてないよね。モデくん。

DSCF0606.jpg




1年半もセンターの一部屋にいたのだから

お外は不安で一杯。

なんだ、ここ??

人がいる!!犬がいる!!

オイラは何されるんだ・・・。

かあちゃん、オイラを紐でつなぎやがって

自由にしろ~~~!!

なんて感じなんでしょうが、

少しずつでいいからゆっくりゆっくり

楽しくお散歩できるようになるといいよね。

DSCF0182.jpg

焦らずモデくんと向き合っていこうと思う仮母なのでした。





最後に、モデくん4コマ漫画ならぬ4コマ写真。

DSCF0676-1.jpg
DSCF0677-1.jpg
DSCF0678-1.jpg
DSCF0679-1.jpg





頑張れ!モデ!!

ゆっくり行こうぜぇ~~~!

DSCF0680.jpg
    ラジャーなのだ!











マロンとの再会


マロンが仮宿を卒業して早くも1ヶ月が経過して、

登録も完了し、すっかりS様のお宅の子になりました。

よくLINEのテレビ電話でマロンの様子を見せてくれるので

元気にやっているマロンの姿をいつも嬉しく見させてもらっていました。





正式譲渡にするための家族写真を撮影したくて

いつもならまたお宅に伺うところなのですが

ちょうどいいタイミングで、マロンのいた千葉県動物愛護センターで

「なかよし動物フェスティバル」が開催されるので

とてもお世話になったセンターの職員の皆さんにも

是非、成長したマロンの姿を見てもらいたくて

はるばる遠く神奈川県からマロンを連れてきてもらうことにしました。






今年初めて日曜日に開催となったなかよしフェスティバル。

物凄くたくさんのご来場者の皆さんが続々と訪れ、

センター近隣の道路が大渋滞で駐車場にもなかなか入れないような状況になり

そこで開催していたいぬ親会に参加する犬たちも到着が遅れたりして

いぬ親会の幹事をしていた仮母はそわそわしながらマロンの到着を

待っていました。




マロンのいぬ親さんから電話が入り、

すぐ近くまで来ているんだけれど道路が大渋滞でなかなか入れない、

でも先にマロンとママさんとお子さんたちを降ろしたのでもうすぐ向かいます、とのこと。

ずっと会場入口をチラチラ見ながらいぬ親会の状況も気にしながら過ごしていると

ママさんと絢音ちゃんに連れられたマロンが見えました。

パパさんとまり夏ちゃんは手を繋いで一緒に歩いていました。

時々ママさんや絢音ちゃんの顔を見上げながらも、

しっかりした足取りで歩いてきたマロンは、ピカピカに輝いていました。

もう仮母は我慢できませんでした。

その姿を遠くから見ているだけで、「あぁ、マロン・・・本当に幸せそうだ」

そう思っただけでこぼれてくる涙を止めることができなかった・・。




マロンを迎えて撫でている時、最初はちょっと??な感じだったマロンが

何度か私の匂いを嗅いで、ようやく気がついたようで様子が一変。

その時の様子を、運営のお手伝いに来てくれたしのちゃんが撮影してくれていました。




覚えていてくれた。

マロンが私のことを覚えていてくれた・・・。

いぬ親さんのもとで幸せになったマロンだから、

もう仮母のことなんて覚えてなくていいんだ、って思ってたけれど

こんなに喜んでくれるマロンが本当に本当に愛おしくてたまりませんでした。

一緒に一杯がんばってきたもんね。

いろんなことを乗り越えてくれたマロンが

絢音ちゃんやまり夏ちゃん、パパさん、ママさんを信頼して

S家の一員としてすっかり馴染んでいる姿を見れただけでも

本当に本当に嬉しかったのだけれど

こんなに幸せな気持ちにしてくれたマロンに

本当に本当に感謝の気持ちしかありませんでした。

DSCF0652.jpg

絢音ちゃんにもまり夏ちゃんにもすっかり馴れて

ちゃんとマロンは二人を信頼しているのがよくわかりました。

だって、絢音ちゃんもまり夏ちゃんも

マロンに接する雰囲気が本当に優しい。

これならマロンも安心していられるんだよね。

DSCF0648.jpg
DSCF0644.jpg

そして、本当に偶然にマロンのママさんの弟さんご家族も

なかよしフェスティバルに来てくださっていて、

こちらのご家族はなんと「五郎ぽん」のいぬ親さんなのです!!

DSCF0624.jpg

こんな偶然ってあるでしょうか?!

ちばわん卒の五郎ぽんと親戚関係になったマロン。

五郎ぽんを迎えたご家族からは「犬を迎えた」とだけしか

聞いていなかったマロン家では、まさかその子がちばわん卒の子だとは

全く知らなかったらしいのですが、

今年の夏休みにママさんの実家で五郎ぽんに会って

いろいろ話しているうちに、同じちばわん卒だと知ったそうです。

DSCF0647.jpg

初のご対面でしたが、五郎ぽんはあまり他犬のことは気にしないみたいで

マロンはクンクンしようと近づきましたが

ちょこっと五郎ぽんに怒られちゃってそそくさと離れていきました。

大丈夫。これから何度でも会う機会があるだろうから

ゆっくり仲良しになれるといいね。

DSCF0641.jpg





絢音ちゃんとまり夏ちゃんに、乗馬体験をさせてあげたかったんだけれど

今年は大盛況で整理券もあっという間に配布終了で

お馬さんに乗せてあげられなかった・・・ごめんね!

でも、そのかわりといってはなんですが、

獣医師体験コーナーというのがあり、

そこに絢音ちゃんとまり夏ちゃんと、五郎ぽんちのお嬢さんで

参加させてもらいました。

DSCF0654.jpg

絢音ちゃんは将来獣医さんになるのが夢。

だから絶対にやらせてあげたかったのです。

三人とも一生懸命教えてもらった通りにやってましたよ。

とてもほほえましい光景でした。

DSCF0660.jpg
DSCF0662.jpg






お子様たちが獣医師体験をしている間に、

私はパパさんとマロンを連れて、センターでお世話になった

O先生とO看護士にマロンを見せたくて管理棟へ行きました。

DSCF0667.jpg

「本当に別犬だね」

「あの壁にへばりついて唸ってた子とは思えない!」

「本当に良かったね!」

そうお声かけて頂きました。

本当に嬉しかった・・・。

センターじゃ職員の皆さんをてこずらせていたマロン。

一杯お世話になった皆さんへお礼を言いたくて

そしてこんなに頑張って成長したマロンを見て貰いたくて

本当に連れてきてもらってよかったと思いました。

DSCF0653.jpg

パパさんも職員の方々がマロンのことを覚えていることを

とても驚いていらっしゃいました。

そうなんです。こちらのセンターの職員さんたちは皆さん、

愛情こめてお世話してくださっていて、

大事な命をつないでくださる方々なのです。

そうお答えしました。

DSCF0646.jpg

S家の皆さんにもマロンが10ヶ月過ごしたセンターを見学できる機会で

来てもらってよかったと思います。

収容棟の中には入れませんが、外からマロンのいたD部屋を

教えてあげました。

ここで寒い日も暑い日も過ごしてきたマロンのことを

忘れないで欲しいと思ったのです。

DSCF0650.jpg

今でも十分マロンのことをかわいがってくれていますし、

これからも間違いなくずっと愛情を注いでくれるご家族です。

それでも、このセンターで頑張ってお迎えを待っていたマロンを

どんなことがあっても決して油断せず

またこんな思いをさせてはいけないんだ、と

仮母はしっかりと理解してもらいたかったのです。

DSCF0669.jpg




S様、

本当に遠いところをお越しくださってありがとうございました。

きっとS様ご家族全員が、センターに来られたことで新たに気持ちを引き締め

マロンを守っていこうと再確認して頂けたことと思います。

どうぞかわいいかわいいマロンを

これからもどうぞよろしくお願いします!

DSCF0672.jpg

家族全員とっても素敵な笑顔の家族写真を撮ることができました。

本当にありがとうございました!




マロン、正式譲渡となりました!

応援してくださった皆様、

本当に本当にありがとうございました!

これからもマロンを見守ってあげてください。

DSCF0668.jpg

かわいいかわいいマロン。

ずっとずっと大好きだよ。

また会いに行くね。

DSCF0651.jpg



モデくんちょっとだけ進歩


モデくんは元気にしています。

いろいろと変化が見られてきました。





お散歩の用意をすると自分でケージから出てくるようになりました。

1週間を過ぎたくらいから、自分から出てくるようになり、

玄関やらお風呂場やら台所やらをウロウロしだしました。

DSCF9854.jpg


自分から出てくるようになったのはとっても進歩なんですが、

これがまた問題ありありなのです。

お散歩の用意をしている時に自分からケージから出てくるものの

その後が大変。リードをつけさせてくれないのです(涙)

DSCF0177.jpg

追い掛け回すと逃げ回るだけなので、

玄関ゲートの前で何度も「モデくん、おいで!」

と呼ぶのですが、呼ぶと近くには来るものの

リードをみつけてUターン・・・。

何度かそれを繰り返すものの、全くじっとしていません。

DSCF9862.jpg

玄関ゲートをあけて玄関に降りたところを

後ろからハーネスに1本ようやくワイヤーリードを装着して

それをつかまえてあと2本を無理やり装着するような感じ。

その間といえば、モデは大暴れしながらリードをガチガチ・・・。

本当にへこたれませんよ、さすが男の子!なのかなぁ。

ガチガチガチガチガチガチガチガチ・・・・。

噛み切れるはずもないワイヤーリードとチェーンリードを

ひたすら噛んでます・・・(涙)

DSCF9856.jpg
エヘヘヘ。やめられないのら。



歯や歯茎などが傷ついちゃうからやめさせようとするんだけど

ガチガチしていればとりあえず動きが止まるから

その隙にさっと靴を履くのです。

(そうじゃないと大暴れで靴すら履けない 涙)

DSCF9903.jpg





最初の1週間くらいは、外に連れ出すとすぐに

ジャ~~~っと長いおしっこをしていましたが、

最近お散歩前にケージから出てきて、私が用意している間に

どうやら待ちきれないようで、

あちこちで派手に大量のおしっこをするようになりました。

DSCF9861.jpg


それもここ数日、ようやく場所が特定されてきつつあるので

台所のど真ん中に数枚シーツを広げておくと

そこに行って思いっきりするようになりました。

そこまで我慢しないで、おしっこしたくなったら

そこに行ってくれればいいんですが・・・。

DSCF9855.jpg



どうやらお散歩に行く用意をすると興奮して

お外に出る前にもよおしてきちゃうみたい。

それと、センターのコンクリートの床でおしっこしていたのもあってか、

カーペットとかよりも、フローリングの固い床でするのが

なんとなく馴れているのかな・・・。

なんだかちょっと切なくなっちゃう仮母です。





ケージからなかなか出てこないし、

お散歩前はリードをつけることで精一杯で

写真を撮る余裕がなくて、ケージの中での写真ばかりで

すみません・・・(涙)

DSCF0180.jpg

でも、こうして真横に寝れるようになったり、

なかなか捕まえられなくても自らケージから出てこれるようになったり、

おしっこもシートの上で出来るようになってきたり、

少しですが変化を見せてくれているモデくんです。

DSCF0181.jpg




お散歩から戻ってくるとちょっとスイッチが入るようで

少しケージを出たり入ったりする動画が撮れました!






まだまだお散歩もハァハァ大興奮で大変なんですが、

近々お散歩事情もご紹介したいと思います。

動画撮れるかなぁ・・・(涙)

歩けるし、後ずさりするようなことはないんだけれど

それはそれは興奮状態でグイグイズンズン前に進んでいくのです・・・。

どうしていいかわからないのかな・・。

でもへこたれずに仮母も頑張って毎日お散歩行ってます。

外では止まって落ち着いていられないので、

来週のなかよしフェスティバル参加は無理そうだなぁ・・(涙)

DSCF9858.jpg


おかげさまで首回りの傷は

もうほとんどのかさぶたが取れ、毛も生えてきつつあります。

ご心配おかけしましたが、モデくんの再生能力はかなり高いようです(笑)

DSCF9864.jpg



まだまだ勉強しなければいけないことがたくさんのモデくんですが

仮母も一緒に頑張ります。

モデくんの応援よろしくお願いします~!!

傷の治りも順調


モデくんの首回りの傷の具合を診てもらいに

月曜日再診に行ってきました。

傷が一番ひどい首の左側辺りも腫れも赤みも引いてきて

かさぶたが大きくなってきていて順調に回復している

とのことでしたので、このまま引き続き抗生剤の投与で

様子を見ることになりました。

DSCF9842.jpg

モデくんはフィラリア陽性で、

レントゲンなどで心臓肥大などがあるかどうか

確認してもらいましたが、それほど肥大もありませんでした。

それでもセンターに1年半いて、フィラリア予防薬投与もしていなかったので

やはり心配でしたから、ボルバキア治療を開始することにしました。

DSCF9849.jpg

ちょうど傷を治す為の抗生剤が切れるところだったので

ボルバキア治療で使用するビブラマイシンも同じ抗生剤、

一石二鳥なので抗生剤をパセトシンからビブラマイシンに変え

傷の回復とボルバキア治療を同時に行える方法にしました。

DSCF9843.jpg







1週間を過ぎた頃だったと思いますが、

夜私たちが寝室で寝ていると、

カチャカチャと爪がフローリングに当たる音がして

ふと身体を起こして見たら、モデくんが寝室を覗いていました(笑)

お!!やっと出てきたか!!

と思いましたが、目が合ったらそそくさとケージのある部屋へ

戻って行ってしまいました。

DSCF9846.jpg

でもこれがまずはモデくんの第一歩。

翌日の朝、モデくんをたくさん褒めてあげて、

いつもは排泄のためにだけ、ほんのちょっと家の前の広場に

連れていくだけにしていましたが、

少し歩かせてみました。

右往左往してしまいますが、歩くことは出来ます。

また、今は傷が完全に治っていないので首輪が出来ません。

なのでハーネス2つしかしていないので、ちょっとコントロールが

効きません。今は好きに歩かせているような状態ですが、

それでもちゃんと前には進んでいきます。

ハァハァと興奮状態ですけどね(笑)

DSCF9847.jpg

首輪が出来るようになったら、しっかり指示をいれて

もっと上手にお散歩できるように頑張ろうと思っています。

そのほんの少しお散歩で歩かせてみて帰宅して、

その後にグリュのお散歩に行って帰ってきたら

またまたモデくんが部屋から玄関を覗いていましたよ(笑)

ほんの少しずつですが、人がいなければケージからは出てくる勇気が

湧いてきたみたいです。

DSCF9850.jpg






自分で普通にケージから出てこれるのもあと少しかなぁ。

本当にモデくんは穏やかでお利口さんです。

人の手を噛んではいけないってちゃんとわかっているし、

頭を撫でても体を撫でても大人しくしていられます。

ケージの中でもギュッと目をつぶって爆睡していたりします。

DSCF9839.jpg

やっと「ここが安心できる場所」と思ってくれたかな。

短いお散歩から帰ってくる時も、一目散に家を目指します。

ちゃんともうここがおうちだってわかってるんだよね。

うちのアパートに入るところを曲がると

モデくんは一旦必ず振り返って私がいることを確認します。

あぁぁ・・・なんてお利口さんなんだ!モデく~~ん!!

DSCF9840.jpg

なんだか当たり前なことばかりかもしれないけれど、

本当にちょっとしたことがかわいくてかわいくて

いちいち喜んでいる仮母なのでした。





ほんのちょっとですが、

仮父禁断の手段に出ている時の動画を撮ってみましたよ。

手から食べるときも本当に優しいんですよ。

ゆっくりと、手を噛まないようにそっと口を伸ばします。





うふふふ・・。

かわいいでしょ、モデくん♪♪

本当に穏やかで男の子にしておくのがもったいないくらい

優しい男の子です。

15日には去勢手術の予定です。

なんとか24日のなかよし動物フェスティバルのいぬ親会に

参加できるよう頑張ります~~!!

たくさんお世話になったセンターの皆さんにもお見せしたいしな~。

DSCF9845.jpg
オイラ頑張るから、応援してくれ~~!

モデくん仲良し作戦


モデくんは毎日眠くて眠くて仕方がないようです。

やっぱり疲れているんだろうなぁ。

怖かったのもあっただろうし、緊張感が続いていて

ようやく一人で落ち着ける場所が仮宅だったとしたら

とっても嬉しいことです。

DSCF9600.jpg





前回のブログでお伝えしたように
モデくんはセンターで同室の子たちに襲われて
怪我をしてしまいました。


ただ、誤解してもらいたくないのです。
モデくんが自ら何かしたということも考えられませんが、
同室の子たちが悪いわけでもないのです。
この部屋にいる子たちは皆とってもビビリな子たちばかりです。
でも未去勢の状態で一緒にいられる男の子というのは
本当に性格がよく、穏やかな子たちということなのです。
決して攻撃性がある子たちではないのです。
だからモデくんが襲われたと聞いた時にも
同室の子たちのことを責めるつもりは全くありませんでした。
あの部屋にいた子たちが「攻撃性がある子」と
決して思わないでください。
モデくんがもし残されている立場だとしたら、
同じように他の子を襲っていた可能性も当然あったかもしれません。
どれだけ穏やかな子であったとしても
そういう状況になってしまうことがあるということを
ご理解頂ければと思います。
過酷な環境でお迎えを待っている子たちにも
どうか暖かい手を差し伸べてあげてください。


DSCF9601.jpg

仮母は前回のブログを書いてから

そのことがとても気になっていて

なんとか皆さんに理解してもらいたいと思っていました。

モデくんがかわいそう・・・と思ってくださった方もいらっしゃったと思います。

確かにかわいそうではありましたが、

モデくんが逆の立場になっていた可能性もあったのです。

そこをご理解頂きたかった。

そして、他の同室の子たちが一日も早く

家庭に入れることを本当に本当に願っています。






さてさて話は変わり、

ずっとケージに入ったままのモデくんと

仲良しになりたい仮父は

一生懸命モデくんの気を引こうと

禁断の手段にうって出ましたよ。

DSCF9606.jpg

本当はダメなんですよ。

でもビビリの子と仲良くなるにはこれが一番だと

仮父は知っているのです。

DSCF9610.jpg

「ファミチキ」もしくはセブンイレブンの「揚げ鶏」です。

これ、あの2ヶ月引き篭もりだったマロン(預かり名:クルーク)でさえ

これにはしっかり反応して、手から食べてくれていたのです。

本当にちょこっとだよ!!!と怒る仮母を尻目に

「いいんだもんな~~、モーく~~ん」

とか言いながらニヤニヤしながら食べさせていました。

DSCF9607.jpg

皆さん、決して真似しないでくださいね・・・。

でもやっぱりこれの威力はすごい。

手からまだおやつも食べれないモデくんも

首を伸ばしてちょうだいってやってました(笑)

まずは人の手が怖くないと思わせること。

とはいっても、モデくんは全く人の手怖がってませんけどね・・・。

本当に仮父の自己満足でしかありません(涙)

DSCF9609.jpg




モデくんは本当にいい子です。

排泄だけのために外に連れ出すと

相変わらずワイヤーリードとチェーンリード(1本増やしました 笑)を

へこたれずにガチガチ噛んでいて

帰ってきて足を無理やり拭いていると

更にガチガチがひどくなるんですが

こちらもやめさせたいのと足を拭きたいので

リードを短く持っていると、そのガチガチ噛む位置が

自然と手に近くなってくるので、

その勢いで手を噛まれそうな気がしてしまうのですが

モデくん、私の手に間違って歯が当たった瞬間に

口をずらして避けるんです(涙)

決して私の手を噛まないんです。

DSCF9605.jpg

必死になってリードを齧っている時ですから

そんな加減も出来ないと思うんですが、

人を噛んではいけない、ってちゃんとわかってます。

本当に本当に穏やかで控えめな

名前はやっぱりぴったりだったな、と

自画自賛の仮母なのでした。

DSCF9611.jpg





首の傷もしっかりかさぶたになってきて腫れも引いてきました。

ただ、傷の部分はかなり固くなっていますので

まだしばらく完治までにはかかるかもしれません。

足の傷はかさぶたも取れ、かなり綺麗になってきました。

DSCF9602.jpg

1週間経過してお薬もなくなるので、

明日病院で再診してもらってきます。

眠いとブッサイクな白目をむいて寝てるモデくんが

かわいくてかわいくてたまらない仮母なのでした。

DSCF9603.jpg


Menu

プロフィール

ぐーちゃんママ

Author:ぐーちゃんママ
保護犬だった「グリュック」と、ロップイヤー(うさぎ)の「のんのん」、主人と私で狭い2DKのアパート暮らし。
「ちばわん」の運営ボランティアを始め、いよいよ預かりボランティアに挑戦中。

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR